東京・上野にある国立西洋美術館で2016/7/9(土)から9/19(月・祝)まで開催される「聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画」の先行内覧会になぜか呼ばれまして。

一般公開に先駆けて鑑賞してきたんですけどね。

いや、なんかスゴかったですよ。

DSC02627

とりあえず、メッケネムって誰?って話もあったりなかったりするんですけどね。

イスラエル・ファン・メッケネム(c.1445-1503)は、15世紀後半から16世紀初頭にライン川下流域の町で活動したドイツの銅版画家です。当時人気のショーンガウアーやデューラーら他の作家の作品を大量にコピーする一方、新しい試みもいち早く取り入れました。また、作品の売り出しにも戦略を駆使するなど、その旺盛な活動から生まれた作品は今日知られるだけでも500-600点あまりにのぼります。

via: 聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画|開催中の展覧会|国立西洋美術館

15世紀後半から16世紀初頭にかけてドイツで活動していた銅版画家です。

メッケネム作品の多くはキリスト教主題をもち、人々の生活における信仰の重要性をしのばせます。もっとも、像の前で祈る者に煉獄での罪の償いを2万年分免除する《聖グレゴリウスのミサ》など、なかには当時の信仰生活の「俗」な側面が透けて見えるものも含まれます。また、当時ドイツの版画家たちは、まだ絵画では珍しかった非キリスト教的な主題にも取り組むようになっていましたが、メッケネムも、男女の駆け引きや人間と動物の逆転した力関係などをユーモアと風刺を込めて描いています。

via: 聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画|開催中の展覧会|国立西洋美術館

ちなみに、今回の展示が行われる国立西洋美術館は、フランスで活躍した建築家のル・コルビュジエが手がけたことで、その界隈では有名だったりするんですけどね。

ル・コルビュジエ(Le Corbusier、1887年10月6日 – 1965年8月27日)はスイスで生まれ、フランスで主に活躍した建築家。本名はシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリ(Charles-Edouard Jeanneret-Gris)。
フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」として位置づけられる(ヴァルター・グロピウスを加えて四大巨匠とみなすこともある)。

via: ル・コルビュジエ – Wikipedia

そんな国立西洋美術館は、もうすぐ世界遺産に登録される見込みなんだとか。

文化庁は17日、東京・上野公園の国立西洋美術館本館を含む7カ国17点の「ル・コルビュジエの建築作品」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が世界遺産に「記載」すべきだと勧告したと発表した。7月にトルコで開かれる世界遺産委員会で正式に決定される見通し。国内の世界遺産は20件目で、他国にまたがっての登録は初めてとなる。

via: 国立西洋美術館、世界遺産に登録へ 諮問機関が勧告  :日本経済新聞

まぁ、それはそれとして。

DSC02635

キリスト教に関連した銅版画の作品が多いのが特徴のような気がします。

DSC02493

どの作品も、とっても緻密で美しかったですよ。

で、今回の展示は以下の5つのパートに分けて展示されてました。

1.メッケネムの版画制作の展開とコピー

2.聖なるもの:キリスト教版画

3.俗なるもの:世俗主題版画

4.物語る版画家

5.初期銅版画とデザイン、工芸

というわけで

正直、アートとかは好きだけど小難しい感想とかは述べられなくてアレなんですけどね。

しかも、キリスト教に関しても造詣は深くないし。

それでも純粋に版画としてスゴく見応えのある展示でしたよ。

ていうか、なにげにオレってアートとかは超好きなのでね。

学生の頃とかに専攻してた美術の授業でやった銅版画とかは普通にとっても楽しかったし。

なんかよくわかんないけど、感性に訴えかけてくるような何かを感じたような気がしたりして。

というわけで、甚だ簡単でアレですけど気になる人々は是非チェックしてみてくださいませ。

会期 2016年7月9日(土)~2016年9月19日(月・祝)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし、7月18日、8月15日、9月19日は開館)
7月19日(火)
会場 国立西洋美術館
ホームページ http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2016meckenem.html
観覧料金 当日:一般1,000円、大学生750円、高校生500円
団体:一般800円、大学生600円、高校生300円
※団体料金は20名以上
※中学生以下は無料
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館時に障害者手帳の提示必要)
関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。