auから発表された2016夏モデル「Galaxy S7 edge(SCV33)」をベタベタいじる目的で、わざわざau SINJUKUまで行ってきました。

au SINJUKUを含む全国5箇所にあるauの旗艦店では5/11から実機が先行展示されてるので自由にいじり放題です♪

とりあえず、クアッドHD(1440×2560)のディスプレイが超キレイです!!

DSC00026

全機種より出っ張りが少なくなった気がする指紋認証対応のホームボタン。

DSC00027

ホーム画面とかはいつものGalaxy的な感じ。

OSは最新のAndroid 6.0を搭載。

DSC00039

で、最大の特徴はなんと行っても両サイドの丸みを帯びたディスプレイなんですけどね。

DSC00021

横幅ギリギリまでディプレイみたいな。

DSC00023

前機種ではフラットだった背面も、今回は縁にかけてラウンド感がプラスされてるので手に持った時のフィット感は格段に向上してるような気がます。

DSC00038

そしてガラス感満載の背面。

DSC00036

ちなみに左側面には音量ボタン。

DSC00022

右側面には電源ボタン。

DSC00024

SIM・SDカードのスロットは本体上部にあって、iPhoneみたく専用のピンで引っ張り出す感じです。

ていうか、前機種では非対応だったSDカードが復活♪

DSC00025

下にはイヤホンジャックとキャップレス防水のUSBポート。

ていうか、前機種では非対応だった防水防塵に対応♪

DSC00030

背面には約1220万画素のメインカメラ。

DSC00031

前機種「Galaxy S6」シリーズは異常にカメラが出っ張ってましたけど、「Galaxy S7 edge」では出っ張りがかなり改善されてます。

それでも多少は飛び出してますけど、それでもiPhone 6シリーズほどは飛び出してないです。

ちなみに↓の写真は上に乗ってるのが「Galaxy S6 edge」なんですけどね、どう見てもカメラが出っ張りすぎ…。

DSC00050

それはそうと、ホームボタンの2度押しでカメラが起動できるのが地味に便利です。

そんな「Galaxy S7 edge(SCV33)」のカラーバリエーションはブラックオニキス・ホワイトパール・ピンクゴールドの全3色。

個人的にはグローバルモデルにあるシルバーをラインナップして欲しかったんですけどね…。

まぁ、それはそれとして。

手元にあったiPhone 6sとかXpria Z3と比較してみたので、せっかくなのでその画像も置いておきますね。

ていうか、「Galaxy S7 edge」って約5.5インチのディスプレイを搭載してるのに、約5.2インチのXpria Z3と大きさがそんなに変わらなかったりして、むしろ厚さについては「Galaxy S7 edge」の方が薄く感じるっていうね。

ディスプレイサイズの割に本体サイズは抑えめな感じがあったりなかったりしてます。

DSC00020 

正直、これまでGalaxyシリーズよりも圧倒的にXperia派だったオレなんですけどね、今回だけは圧倒的に「Galaxy S7 edge」の方が欲しかったりしてます。

本体デザイン・ディスプレイのクオリティに関しては明らかに「Xperia X Performance」より魅力的だし。

あと、いま予約すると「Gear VR」がもらえるっていうね。

なので、いまから予約しに行こうかなと思ったり思わなかったりしてるところです。

au(KDDI)が2016夏モデル「Galaxy S7 edge(SCV33)」を発表!! 防水・防塵対応で5月19日発売。 | OREGADGET
 
**近日公開?

「スマホの存在を否定する謎の何か」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。
 
ちょっとしたオススメ情報とか。