「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」で美味しい日本酒とかうどんを楽しんできた♪ #福島美味 #日本橋

2015-01-20 19.13.28-1

先日、『福島の美味しい日本酒とかをたらふく飲めるブロガーイベントやるんだけど興味ある?』みたいな感じで呼ばれたような気がしたので、東京・日本橋にある「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」へ行ってきました♪


今回のブロガーイベント「福島の美味しいものと日本酒ナイト in 日本橋ふくしま館」の会場は東京・日本橋にある「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」という、福島県と福島県商工会連合会が連携して運営してるアンテナショップ。

ちなみに、「福島県商工会連合会 福島の美味しいものブランドプロジェクト」からご招待いただきました。

最寄り駅的には、東京メトロ三越前駅A8出口から徒歩3分、JR神田駅東口から徒歩5分、JR新日本橋駅2番出口から徒歩1分という感じです。

お店のコンセプトは↓こんな感じだそうです。

福島県では、福島第一原子力発電所事故後の風評の一日も早い払拭と本県のイメージ回復を図るため、福島県商工会連合会と連携して、首都圏において、全国に誇る日本酒、果物、菓子を始めとする特産品や工芸品等の魅力をPRするとともに、四季折々の多彩な観光情報、米の全量全袋検査等の食の安全・安心を確保する取組など、復興に向かう「ふくしまの今」を発信する情報発信拠点「日本橋ふくしま館 MIDETTE」を平成26年4月12日(土曜日)12時にオープンします。

 「日本橋ふくしま館 MIDETTE」では、市町村・農商工団体等による観光・物産プロモーション、季節に応じた催事等の多様なイベントを開催することにより、来場していただいた皆さんに「ふくしまの魅力・元気・活力」を実感していただくことを目指します。

via: 福島県首都圏情報発信拠点「日本橋ふくしま館(MIDETTE)」 – 福島県ホームページ

お店の中はこんな感じ

2015-01-20 19.08.44

アンテナショップというだけあって、店内には福島県の美味しいものたちが所狭しと並んでます。

↓こんな感じで。

DSC00281 DSC00280 DSC00277 DSC00275

とりあえず、日本酒のラインナップが尋常じゃないです!!

DSC00298 DSC00301 DSC00304 DSC00309 DSC00310 DSC00311

ほかにも、いろいろ美味しそうなものが並んでたり。

DSC00287 DSC00292 DSC00294 DSC00313

工芸品的なものとかも。

DSC00283

福島の美味しいものを発信するブランド「福島美味」のコーナーも用意されてますよ。

日本酒が超美味しい♪

で、本題。

DSC00272

今回のイベントの主役である日本酒たち♪

DSC00273

甘口・辛口・大吟醸が3種類ずつ用意されてまして、それぞれを飲み比べる的な。

DSC00345

これまで、積極的に日本酒って飲んだことなかったんですけど、改めて飲み比べてみるとそれぞれに特徴があって、すごく奥が深いなと。

DSC00360 DSC00364 DSC00361

ていうか、大吟醸のポテンシャルが凄すぎる!!

この日、飲んだのは「大吟醸雫酒 十八代伊兵衛」「大吟醸原酒 53号」「大吟醸人気一(ニンキイチ) 」の3種類なんですけど。

えっ? これがホントに日本酒なの!? みたいな。

なんで、米で出来てるお酒なのに、こんなにもフルーティーなの!? という感じで、これまで日本酒に抱いてた印象が完全に崩れ去りました。

ていうか、超美味しい!!

もちろん、甘口や辛口も美味しかったんだけど、やっぱり大吟醸を飲んじゃうと、それはもうねぇ。

今回のイベントを通じて、完全に日本酒の魅力にハマっちゃいました♪

そして美味しい食べ物たち

もちろん日本酒だけじゃなく、日本酒とマリアージュするような魅力的なフーズたちもいろいろ用意されてました♪

DSC00316

林檎の薄切りと「紅葉漬」を合わせたやつとか、「クリームチーズの味噌漬け」とか。

なんか、発酵食品とお酒の相性ってスゴいなと思ったり。

DSC00336

ほかにも、カッテージチーズとかモッツァレラチーズとか。

DSC00362

なんか、超レア(生って意味じゃなくて珍しいという意味)な、ニホンキジの味噌焼きとか。

DSC00367

ていうか、なにこれ超おいしい!!

なんか、普通の鶏肉より旨味が凝縮されてるというか何というか、超おいしい!!

DSC00321

そして、うどん!!

DSC00323

左の白いのが「稲庭うどん」右のグレーなやつが「矢大臣うどん」なんですけどね。

「稲庭うどん」に関してはお馴染みな感じのツルツルした美味しいうどんなんですけど、「矢大臣うどん」って初めて食べたんですけどね。

「稲庭うどん」よりも、もっと小麦の味が濃厚というかなんというか、深みのある味わいでした。

ちなみに名称の由来は、福島県いわき市にある「矢大臣山」からきてるそうですよ。

そいうえば、うどんを楽しんでる姿を一緒に参加した東京散歩ぽの人に盗撮されてたりw

で、そんな「矢大臣うどん」なんですけどね、楽しみ方はこれだけじゃなくて。

DSC00374

具沢山の「けんちんうどん」とか♪

DSC00378

尋常じゃない粘り気の自然薯と合わせてみたり。

DSC00381

もうね、とろろとかとは別次元ですよ。

そして、この日イチバン美味しかったのが↓コレ!!

DSC00391

まさかの、矢大臣うどんでカルボナーラ!!

DSC00358

クリームチーズの味噌漬けと矢大臣うどんのコラボレーションが美味しすぎ♪

DSC00358

さり気なく添えられてる紅葉漬も、いいアクセントになってて、なんだかとってもステキです♪

ちなみに、今回の料理は「みそソムリエ」の肩書を持つ人のプロデュースだったんですけどね。

↓こんな感じでレシピも公開されてるので、自宅でも挑戦してみようかなと思ったり。

なんかね、どれもこれもおいしかったですよ♪

福島の新たな魅力発見!! みたいな。

というわけで、ごちそうさまでした!!!!!

 
そういえば、今回のイベントの模様は↓このへんでも確認できますよ。

そうは言っても気になるアレのこと

いろいろと福島の美味しいものを飲んだり食べたりしてきたわけなんですけどね。

やっぱり、福島といえば気になるわけですよ。

放射能のことが。。。

ただ、そのへんのことは福島の人々のほうがずっと気にしてるわけで。

福島美味のWEBサイトにも↓こんな記載がありますしね。

万が一、私たち福島の作り手が少しでも危険な食品を提供してしまったとしたら…。
私たちはもう二度と信用してもらえないでしょう。
だから念には念を入れて安全検査をするのです。
どこよりも厳しく。徹底的に。

via: 福島美味ブランドについて | FOODBRAND

福島美味の商品ページからは「放射能測定結果報告書(PDF)」とかも見れますのでね。

消費者的には正しい知識を持って、必要以上に恐れるんじゃなくて、安全性が確保されてる美味しいものは普通に美味しいものとして楽しんでいけばいいのかなと思ったりしたわけです。

 
**近日公開? follow us in feedly
「そういえばグラビアデビューしました」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。