なんかよくわかんないんですけど『スゴく美味しい群馬県産の食材を使った試食会を開催するんだけど興味ある?』みたいな感じで呼ばれたような気がしましたので、フラフラと参加してみたらホントにスゴく美味しかったお話です。

とりあえず、抗生物質・合成抗菌剤不使用の奇跡の豚肉「江原ハーブ豚」が持つポテンシャル的なのが感動的でしたよ♪

東京・神楽坂で群馬県高崎市の食材を堪能するとか

そんなわけで、訪れたのは東京・神楽坂。

DSC01781

路地裏で隠れ家感あふれる「リストランテ アルベラータ」というイタリアンレストランが今回の試食会場。

神楽坂 飯田橋 イタリアン – リストランテ アルベラータ – イタリア料理

なんだか、群馬県高崎市が飲食店情報検索サイト「ぐるなび」と連携して、高崎市内産農産物を地産地消だけではなく地産多消として全国に広く浸透させるために進めている事業の一環のような感じだそうです。

DSC01787

本人は来てなかったけど、高崎市長もノリノリで取り組んでるっぽいです。

DSC01788

そして、そんな高崎市で生産された農産物・畜産物を「高崎そだち」というブランドでプロモーションしてるんだとか。

DSC01790

それっぽい公式サイトも用意されてますので、よろしければ覗いてみてくださいませ。

高崎そだち – 高崎の農畜産物・生産者の紹介サイト

軽く意味不明なんですけど、長さが1メートル前後もある「国分にんじん」という謎のにんじんも存在してるらしいです。

国分にんじん

今回の試食会場には現物がなくて軽く残念だったんですけどね。

まぁ、それはそれとして。

試食ターイム♪

まずは今回の試食会で使用する食材そのものの味を確かめるノリで提供されたのが↓こんなプレート。

DSC01801

どれも塩とか胡椒とかオリーブオイルなんかの最低限の味付けだけで提供されたんですけどね。

普通にどれも美味しいんですよ。

野菜とか肉が持っている本来の味が濃厚というかなんというか。

DSC01802

オリーブオイルと塩で和えた「なす」とか。

ちなみに、そんな「なす」を生産してるのが↓JAたのふじの村島さん。

DSC01864

ほかにも、

DSC01803

軽く湯通しして塩をふっただけの「なめこ」とか。

DSC01806

軽くドレッシングをかけた「玉ねぎ」とか。

DSC01807

オリーブオイルと塩を軽く加えてピューレ状にした「にんじん」とか。

DSC01805

そのままで濃厚な甘さを持ってる「いちじく」とか。

DSC01804

塩コショウで焼いた「豚肉」とか。

ちなみに、そんな「豚肉」を生産しているのが↓この人。

DSC01868

江原養豚の江原さん。

なんでも、この江原養豚で生産されてる豚肉「江原ハーブ豚」って抗生物質・合成抗菌剤不使用だそうで、その筋では奇跡の豚肉みたいな感じで呼ばれてるとかなんとか。

『えばらハーブ豚未来』は、すべてのステージにおいて抗生物質や合成抗菌剤をまったく使用せず育てた安心・安全な豚肉です。10種以上のハーブ、乳酸菌、有機酸、ビタミンを含む主原料非遺伝子組み換え飼料を与えることで、ビタミンB₁、ビタミンEが一般豚の約2倍となり、ドリップが出にくく鮮度が長持ちしやすい。さらに、弾力のある柔らかな肉質と、獣臭のないジューシーで甘い脂が特徴です。

via: 江原 正治さん・美津子さん(有限会社 江原養豚) – 高崎そだち – 高崎の農畜産物・生産者の紹介サイト

徹底的に安全にこだわって飼育されているため、今回は用意されてなかったですけど内臓(モツ・ホルモン)も極上だそうです。

そのため、食用に使えない部位を廃棄する廃棄率は10%前半ということで、一般的な養豚よりも圧倒的に低い廃棄率を実現してるんだとか。

そんな、「江原ハーブ豚」はらでぃっしゅぼーやとか大地を守る会とかで購入できるっぽいですよ。

と、まぁこんな感じで食材たちの基本スペックを確認した上でやってきたのが、リストランテ アルベラータの高師シェフによって魅力を最大限に引き出された料理たちなんですけどね、それが↓こんな感じ。

国分にんじんのパンナコッタ feat なめこ

DSC01812

パンナコッタの上には「なめこ」を使ったコンソメスープが添えてあったりして。

DSC01815

なんかね、なめこのトロみがいい感じで組み合わさってるし、良い意味でにんじん臭さとか無くて美味しかったですよ♪

DSC01817

おまけ的な感じで、一口サイズの「江原ハーブ豚」のハンバーガー的なのも用意されてまして。

DSC01813

ちゃんとピクルスも挟んであったりして。

DSC01814

これの大きいサイズを普通に食べたてみたくなりました♪

江原ハーブ豚とナスのタリアッテレ

DSC01824

続いては「江原ハーブ豚」のラグーと、ナスとか玉ねぎとかの高崎野菜を組み合わせたミートソースのタリアッテレ。

DSC01826

幅広でモチモチ感のあるタリアッテレ・弾力のある豚肉・やわらかいナスの食感が絶妙でした♪

江原ハーブ豚と高崎産野菜たちのグリル

DSC01843

そして衝撃的だったのがコレ!!

DSC01848

江原ハーブ豚が、なんかもうビックリするぐらい美味しくて。

決してカタいわけじゃないんだけど、とっても弾力があって、噛めば噛むほど口の中に旨味が広がるというか何と言うか。

DSC01847

特に脂身が甘くてジューシーで感動すら覚えたような気がします♪

DSC01846

一緒にグリルされてた高崎産の野菜たちもいい感じでコラボレーションしてるし。

DSC01844

まさかのゴボウで作ったソースが添えられてたんですけどね。

DSC01821

それと江原ハーブ豚の肉汁を絡めて食べるパンが、これまた幸せな感じでしたよ♪

いちじくとにんじんのパンプリン

DSC01852

そしてシメのデザートっていうか、イタリアンレストランなのでドルチェ♪

DSC01858

国分にんじんをふんだんに使ったパンプリンに甘いいちじくが組み込まれてます。

なんかよくわかんないんですけど、軽くビターな何かも盛り込まれていて、なんだか大人な感じでしたよ。

というわけで

今回試食させてもらった料理なんですけどね。

江原ハーブ豚とナスのタリアッテレ江原ハーブ豚と高崎産野菜たちのグリルは2015年10月1日から10月31日まで「リストランテ アルベラータ」で楽しめるそうなので、気になる人は是非チェックしてみてくださいませ。

DSC01841

重要なことなので、もう一回書くけど「江原ハーブ豚」が超美味しいです。

DSC01847

いや、ホントに脂身がヤバいです!!

高崎市の美味しいを探そう 2015

今回ご紹介した「高崎そだち」なんですけどね、「高崎市の美味しいを探そう 2015」という公式サイトも用意されてますので、コチラも合わせてチェックしてみるといいことあるかもしれませんよ。

高崎市のおいしいを探そう2015 | シェフごはん

「リストランテ アルベラータ」を含め全5店舗で「高崎そだち」な食材を使った美味しい何かを提供してくれるそうなので♪

そういえば、帰り際におみやげ的な感じでダルマ貰ったんだけど、どうしようw

DSC01870

いや、高崎といえばダルマってのは昔から知ってるけどさ…ww

まぁ、それはそれとして。
 
 
**近日公開? follow us in feedly
「なんだかとっても美味しい富山県南砺市」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。