北陸新幹線に乗って富山駅に向かってるわけなんですけどね。

せっかくだから富山っぽい駅弁ということで、その筋ではド定番な感のある「ますのすし」なわけです。

なにげにオレでもずっと前からその存在は知ってたんですけどね、なんかよくわかんないんですけどこれまで敢えてこれを買おうとは思わなかったんですね。

2015-11-18 07.57.36

だけど、今回のメインの目的である「濃飛バス」プレスツアーをアテンドしてくれるPR会社の人がわざわざ用意してくれたので、ありがたくいただきます♪

2015-11-18 07.59.17

箱から取り出すと、こんな感じでなんか駅弁の割に本気な雰囲気です。

2015-11-18 08.00.21

越中富山名産ですって。

2015-11-18 08.00.35

これでもかってくらい笹の葉に包まれてます。

2015-11-18 08.01.59

もしかしたらとは思ってたけど、ホールの状態で登場です。

2015-11-18 08.02.23

デフォルトで付属してるプラスチックナイフみたいなのを入刀します。

2015-11-18 08.04.06

ケーキとかピザを切り分けるノリで。

2015-11-18 08.05.52

うん。普通に美味しい♪

絶妙な甘さとかを兼ね備えた酢飯とギュッとされてる鱒のフューチャリングが放つポテンシャルがステキです。

さらに決して主張し過ぎないけど確実に存在感を示してる笹の葉の香りの相まって、なんなんでしょうね。

すごく簡単に表現すると、普通にとっても美味しいです♪

なんですけどね。

これ食べづらい…。

説明書的なものは入ってるんですけどね。

2015-11-18 08.13.06

そもそも自分で切るの…みたいな。

笹の葉に包まれてるのはいいんだけど、基本的に押し寿司ですからね笹の葉と酢飯の密着っぷりがスゴくてなかなか離れないし…。

しかも、ヘタに笹の葉を触ろうものなら手がベタベタするし…。

なのに、ウェットティッシュ的なものは付属してないし…。

いや、別に手がベタベタしたら普通に水道で手を洗うからいいんだけどね。

ただただ、食べるのが面倒くさいというね…。

いや、もしかしたらこの面倒くささも含めて「ますのすし」の醍醐味なのかもしれないですけどね。

だけど新幹線で隣の席に知らないオッサンが座ってる状態で、オッサンのオレが酢飯の香りを拡散しながら笹の葉と格闘してるっていうね…。

なんかね…。

いや、味は確実に美味しいしオレ的には好きな感じなんですけどね。

別にいいんですけどね。

ますのすし 小丸 ” ますのすし本舗 源

**近日公開? follow us in feedly
「富山駅から白川郷に向かう高速バスとか」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。