北関東の中ではそれなりに有数の存在感があって中核市でもある群馬県高崎市。

そこそこの規模の都市ではあるんですが、そこはやっぱり北関東っていうか群馬県なので農業や畜産とかが盛んだったりするわけで。

そんな高崎市の農産物や畜産物を「高崎そだち」というブランドで推しているそうで、そんな生産者とかを訪ねるプレスツアーに招待されてきた時のお話です。

高崎そだち – 高崎の農畜産物・生産者の紹介サイト
 
「高崎そだち」は安心で美味しい高崎産食材の魅力を広く知ってもらうため、さまざまなPRイベントを開催し、首都圏の大手百貨店や屋外イベントなどで人気を集めているんだとか。

そういえば、昨年末くらいには都内のイタリアンレストランで「高崎そだち」を使った料理を楽しむ試食イベントに参加させてもらいました。

抗生物質・合成抗菌剤不使用の奇跡の江原ハーブ豚とか群馬野菜が美味しい「高崎そだち」の試食会に行ってきた in リストランテ アルベラータ | OREGADGET
 
まぁ、それはそれとして。

今回は現場を見てみよう的なノリで以下の生産者さんたちのもとを訪れてきました。

「ホウトク・アグリファームジャパン」

ここは業務用の低圧乾燥機を導入して、いろんな種類の新鮮な地元野菜を乾燥させたドライベジタブル(乾燥野菜)を生産しています。

日常的な利用(例えばカップラーメンへのちょい足しとか)はもとより、アウトドアシーンなどでの需要拡大を模索してるんだとか。

「素敵亭」

ここは生産者ではなくて、群馬県高崎市で生産されたハイスペックな和牛「増田和牛」を堪能できるステーキハウス。

高級感ハンパないし、目の前の大きな鉄板で焼いてくれるし、なんかもういろいろスゴかったので別途記事にしますけどね。

なんかもう、美味しすぎて終始ニヤニヤが止まりませんでした♪

「金井いちご園」

化学薬品とか使わず、有機中心の肥料で土作りにこだわって群馬県内で行われるいちご品評会で2年連続の金賞を受賞し、群馬県内ではトップクラスの品質を誇ってるんだとか。

金井いちご園の主力いちご「やよい姫」は、一般的なイチゴに比べて色が淡いんだけど瑞々しさに絶妙な甘みがプラスされてて普通にとっても美味しかったですよ♪

「国府野菜本舗」

ビックリするくらいロングな人参「国分(こくぶ)人参」を始めとした、国府(こくふ)野菜を取り扱うお店。

ちなみに「国分」と「国府」の表記の違いは、国府地区で栽培されてる国分人参という品種だからという分かるようでよく分からない理由でした。

ちなみに、店先では国府野菜を使ったジェラートを販売してるんですけど、群馬ならではの「やきまんじゅうジェラート」が甘辛い味噌味を上手く再現していて、しかもジェラートとして美味しいし、確かにジェラートなのに口に含むとちゃんと「やきまんじゅう」感があって軽く感動しました♪

「江原養豚」

抗生物質・合成抗菌剤完全不使用のハイスペックで美味しい「えはらハーブ豚 未来」を養豚してる江原養豚。

昨年末の試食会でもその美味しさにビックリしたんですけど、今回は残念ながら試食はなくて、江原養豚のオジサンのこだわりをいろいろ聞かせて頂きました。

ていうか、Surfaceを駆使するオジサンの姿がステキでした。

というわけで

これまで全く意識することなかった群馬県高崎市なんですけどね、実際に行ってみると魅力満載だったりして。

ていうか、「高崎そだち」はどれも美味しかったし。

ほかにもいろいろ知りたいなと。
 
**近日公開?

「そんなこと思ってたら明日から一泊二日で高崎に取材に行くことに!!」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。
 
ちょっとしたオススメ情報とか。