【STAUBレシピ】押し豆とトマトとクミンシードでカレー的なものを作ってみた♪

先ほどナンの作り方をお送りしたわけなんですが、せっかくですから一緒に作ったカレー的なもののレシピもアップしときます。



材料は↓こんな感じ。肉とか一切使わないマクロビ仕様です。

  • 押し豆 120g
  • トマト 2個
  • クミンシード 適量
  • 玉ねぎ 1個
  • ニンニク 1かけ
  • 塩 小さじ2杯くらい
  • オリーブオイル適量
  • 押し豆を戻す水 適量

ちなみに、今回はカレー粉によく入っているクミン(シード)は使ってますが、いわゆるカレー粉は使ってないです。

なので、あくまでもカレー風です

というわけで、まずは押し豆を適当な器に入れて、

ひたひたになるくらいの水で戻します。

戻し時間は5分もあれば十分です。

で、その間に鍋にオリーブオイルとクミンシードと刻んだニンニクを入れて弱火で熱して香り立つのを待ちます。

さらに、それを待っている間にトマトと玉ねぎを切っておきましょう。

で、鍋からスパイシーな香りが漂ってきてニンニクとかがブツブツ言ってきたら強火にして玉ねぎを炒めます。

ある程度、炒めて玉ねぎがしんなりしてきたら、トマトと押し豆を投入します。

押し豆を戻した水も一緒に入れてザックリ混ぜあわせて、塩を加えます。

ちなみに塩は一気に入れるんじゃなくて、味見をしながらちょとづつ入れたほうがいいと思いますよ。

んで、いい感じの塩加減になったら弱火にして蓋をして20分くらい煮込みます。

で、完成。

器に盛り付けて、一緒に作ったナンといただきま〜す♪

oreGadget – ミイル(miil)

味付けはクミンと塩とニンニクというシンプルな感じですが、クミンのスパイシーな感じとトマトの酸味が合わさりいい感じに。

それに「STAUB鍋」って、その筋では有名なんですけど、適当に素材を炒めて蓋して弱火で数十分煮こむだけで、大概はシンプルな味付けでも素材の味を活かして美味しく仕上げてくれるので、超便利なキッチンガジェットだったりするわけです。

まぁ、「STAUB鍋」の良さについては別の機会に改めて語ろうかなと。

Posted from するぷろ for iPhone.

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。