江東湾岸MY博覧会の「巨大構造物鑑賞&撮影ツアー」でゲートブリッジとか原寸ガンダムとか謎の建物とかを堪能してきた!! #wanganarea

DSC00653

企業や団体とブロガーのリレーションサービスを行うブログスカウトから、江東湾岸MY博覧会の「巨大構造物鑑賞&撮影ツアー」に招待されましたので、お台場周辺をウロウロしてきましたよ!!


とりあえず最初に、今回参加した「江東湾岸MY博覧会」の説明なんですけどね。

『江東湾岸MY博覧会~新しい東京のダイナミズムを自分なりの感性で楽しむ私の博覧会~』は東京都による地域資源の発掘および旅行者誘致を目的とした『地域資源発掘型実証プログラム』事業の一つとして江東区観光協会や地域の企業が連携し、湾岸エリアの江東区部分及びその周辺で主会場として行うイベントです。
物流拠点としての原動力や新たな東京が形成されていく過程を見て、体感することを主なテーマとして、多くのプログラムを用意しております。
楽しみ方のキーワードは、「フォト(撮影)」&「シェア(共有)」。

via: 【終了】【江東湾岸MY博①】圧巻のスケール!巨大構造物鑑賞&撮影ツアー | 江東おでかけ情報局

観光地として注目される湾岸エリアと、一方で東京湾を中心に物流の拠点という側面もあり、そのへんにスポットを当てて実際に見て回ってもらい体感してもらおう! みたいなノリのイベントで、普通は入れないような場所に入ったり入らなかったりできる施設特別見学なども用意され、さらに専門のガイドさんまでいます。

しかも、無料!!

ただ、今回の「江東湾岸MY博覧会」は2/15で全てのプログラムが終わっちゃんですけどね、興味のある人は公式Facebookページをチェックしておくと次回の開催情報とかをキャッチできるかもしれませんよ。

というわけで、今回は2/7に開催された「巨大構造物鑑賞&撮影ツアー」に参加してきましたので、そんな感じのレポートを写真とともにお送りしようかなと思います。

ちなみに、2/9に開催された「木の街・新木場体感ウォーク」にも参加してますので、そのへんの詳細は↓をどうぞ。

お台場ということでガイドさんが青島感まる出し

DSC00622

集合場所の新木場駅に到着すると、今回のツアーを引率してくれるガイドさんが居たんですけど、その服装がどう見ても青島的な刑事を意識しまくってましたw

まぁ、それはそれとして。

DSC00719

こんな参加証のようなものを首から下げて。

DSC00623

まずは最初の目的地に向かうため、路線バスを貸切にしたようなバスに乗り込みます。

単独・カップル・子連れの家族など様々な年代の参加者がいました。

DSC00626

車内で青島風のガイドさんの説明を聞きながら、まずはゲートブリッジを目指します。

東京ゲートブリッジ

DSC00648

というわけで、最初の目的地の「東京ゲートブリッジ」に到着。

東京ゲートブリッジ(とうきょうゲートブリッジ、Tokyo Gate Bridge)は、東京港第三航路(東京東航路)を跨ぎ中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ橋梁である。東京港港湾計画に位置付けられた港湾施設(幹線臨港道路)・東京港臨海道路のII期事業区間の一部を構成する。
建設時は仮称として東京港臨海大橋と呼ばれていたが、一般公募の中から「東京ゲートブリッジ」の名称が付けられた。また、恐竜が向かい合っているような特異な形状をしている事から恐竜橋とも呼ばれる。

via: 東京ゲートブリッジ – Wikipedia

その独特の形状から「恐竜橋」とか呼ばれたりするあれです。

DSC00649

下から覗きこんだりして。

DSC00656 DSC00654

海の向こうにはお台場とか、

DSC00645

スカイツリーが見えたりします。

DSC00655

場所的に羽田空港が近いので普通に飛行機が行ったり来してます。

DSC00646

ちなみに、橋の下は釣りスポットになっていて結構な人数の釣り人たちが居ました。

DSC00647

で、せっかくだからゲートブリッジの上に登ります。

観光用にエレベーターとかが用意されてるんですけど、入場時間は限られてますので要注意です。

DSC00639

あと、あくまで見学用に登れるだけなので、登っても渡り切ることはできなくて、歩道も途中までしかありませんので、あしからず。

DSC00667

その場に立って見ると結構な迫力で、なんだかワクワクしましたよ。

青海南ふ頭公園から見える巨大クレーン

DSC00683

次の目的地は「青海南ふ頭公園」なんですけど、見どころは隣接してる「青海コンテナバース」にある “ガントリークレーン” という名称の巨大なクレーンたち。

青海コンテナふ頭とも隣接し、ガントリークレーンを間近に見ることができる。平日・週末問わず人が少なく、ピクニックやデートなどの穴場スポットである。

via: 青海南ふ頭公園 – Wikipedia

ガントリークレーン (gantry crane)とは、レール上を移動可能な構造を持つ門型(橋脚型)の大型クレーンである。港湾の岸壁に設置されてコンテナなどの貨物の積み卸しを行うクレーンを指すことも多く、特定重要港湾、重要港湾のほとんどに設置され、貨物の荷役の効率化で欠かせない機械の一つである。

via: ガントリークレーン – Wikipedia

DSC00685

ちょうど、貨物船が到着して荷物の積み下ろしのようなことをしてました。

DSC00688 DSC00689

何なんでしょうね、あまりのスケールに遠くから見てるだけでもテンションが上ります♪

DSC00678

そういえば、近くには踊る大捜査線の湾岸署として登場した建物がありましたよ。

2010年7月に公開された「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」より、踊る大捜査線の新湾岸警察署のロケ地とされた。ちなみに東京湾岸警察署と隣接している。

via: the SOHO – Wikipedia

DSC00676-2

というわけで、小道具を仕込んでたガイドさんを記念撮影w

ダイバーシティ東京にある等身大のガンダム

次は、ダイバーシティ東京にある等身大のガンダムを目指します。

DSC00693

移動中の車内では青島風のガイドさんがガンダムについて熱く語ってました。

DSC00694

そうこうしてるうちに、ガンダムが近づいてきて、ショッピングセンター的なところにそびえ立つガンダムの違和感はスゴいですけどね。

DSC00697

とりあえず、すごい迫力なんですけどね。

2012年、最初に公開した潮風公園に程近いゆりかもめの台場駅そばに新しくオープンする複合商業施設・ダイバーシティ東京 プラザ内のフェスティバル広場に、関節部のディティールとマーキングが異なるマグネット・コーティング後の仕様を再現した[33]、実物大ガンダム(正式名称 REAL GRADE 1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT)が展示されることとなった。以前のものと違い、台座がなくなり、主構造の鉄杭を地下数十mに打ち込んでいる[34]同施設にはガンダムシリーズ30有余年の歴史を特別映像や貴重な資料展示などで体感できるエンターテイメントスペース・ガンダムフロント東京やGUNDAM Cafe ダイバーシティ東京 プラザ店も併設されている。展示期間については2013年にオープン一周年を迎えた後も引き続き同所に置かれており、終了の時期は未定。

via: ガンダム (架空の兵器) – Wikipedia

ただ、個人的に全然ガンダムにはハマらない子ども時代を過ごしてまして、大人になった今でも特別な感情はないわけで。

まぁ、好きな人には堪らないんじゃないですかね。

DSC00700

ちなみに、それっぽいカフェ的なお店も併設されてますよ。

東京ビッグサイト

DSC00702

まぁ、言わずと知れた独特な形状がインパクト大の国内最大規模の展示場です。

DSC00704

これまで、何回か訪れたことはあったんですけどね、↓こんなオブジェがあることは知りませんでした。

DSC00703

巨大なアート作品なんですけど『問題解決のプロセス』を表現してるんですって。

東京ビッグサイトのターミナル入口にある高さ15.5mの巨大な鋸の彫刻。アメリカのポップアートを代表する作家クレス・オルデンバーグ氏の作品です。あたかも大地の層を切っているように斜めに配置されたこの作品は”問題解決のプロセス”を表現しています。

via: アートワーク情報|館内案内・サービス | 東京ビッグサイト(東京国際展示場)

その他にも、東京ビックサイトの周辺には計9つのアート作品があるので、興味ある人はチェックしてみてくださいませ。

イベント目的で訪れることが多いビックサイトですけど、こんな楽しみ方も用意されてるんだなと、新しい発見でした。

虹の下水道館

DSC00706

休館日だったので、外から眺めるだけだったんですけどね、ていうか何だこのおかしな形状は!!

DSC00709

もう突き抜けすぎてて軽く意味がわかんないんですけどね。

なんかよくわかんないけど、アーティスティックな迫力ある建物で、見てるだけで楽しい気分になりましたよ。

下水道管や下水処理場の監視室などを実物大で再現した施設が設置されている。これらの実物大施設を使って、マンホール内の探索や清掃などといった体験をすることができる。

via: 虹の下水道館 – Wikipedia

なんか、体験スペースとかも充実してるので、社会科見学みたいなノリで訪れたら楽しいんじゃないかなと。

ちなみに、ゴミ処理場が隣接してるんですけどね。

DSC00710

そこも「虹の下水道館」に負けず劣らずな感じで、公共施設とは思えないようなアートな建物ですよ。

DSC00711

煙突にはアートな時計が仕込まれてるし。

夢の大橋

DSC00721

そして、ツアーの最終目的地「夢の大橋」に到着。

DSC00724

かつて、踊る大捜査線のエンディングとかで青島が走ってたところです。

同運河にかかるのぞみ橋、新都橋、有明橋、青海橋、あけみ橋と平行するように架かる。ここから北にある橋の方向を眺めると、橋が多いことから未来都市を思わせる。
最大幅が60mで、日本一幅広い歩道橋である。基本的に車両の通行は禁止されているが、緊急時は車両通行が可能な構造となっている。

via: 夢の大橋 – Wikipedia

<

p>現在は、なんかよくわかんないけど、コスプレイヤー的な人々が至る所に普通にウロウロしてて、なんかそれ系の人々の撮影スポットみたいになっててびっくりしました。

まぁ、そんなこんなで今回の「巨大構造物鑑賞&撮影ツアー」は終了。

なんか貰った。#wanganarea

オレガジェさん(@oregadget)が投稿した写真 –

最後に、江東区のキャラクター「コトミちゃん」の一筆箋をもらいました。

というわけで

今回はじめて参加した江東湾岸MY博覧会なんですけどね、各スポットともに短時間でしたけど、無料でいろんなところを見学できて、軽く非日常的な雰囲気も味わえるし、普通に満足度の高いツアーでしたよ♪

大人の社会科見学みたいな感じです。

既に、今回のツアーは全て終了しちゃいましたけどね、「特別公開!ゆりかもめ新交通車両基地見学ツアー」とか、なんだか魅力的なツアーとかがいろいろ用意されてたみたいなのでね、また開催される際には是非参加したいなと思います。

ていうか、定期的に開催して欲しい!!

そんな、「江東湾岸MY博覧会」の今後の情報については↓公式Facebookとかに流れてくるかもしれないので、興味のある人はチェックしてみてくださいませ。

 

**近日公開? follow us in feedly
「新木場をウロウロしてきた」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。