昨年の夏に引き続き『江戸ワンダーランド 日光江戸村・特派員』として招待されましたので、2度目の日光江戸村に家族で行ってきたんですけどね。

DSC05208

今回は、それっぽい衣装に替えて日光江戸村を満喫することをオススメされてたので、最初に「時空」という変身処に向かいました。

で、↓こんな感じだったのが、

DSC05002

↓こんな感じになりました。

DSC05018

オレは「新選組」、娘という年齢はとっくに過ぎてる奥さんは「武家娘」、5歳の娘は「町娘」に変身!!

ちなみに、変身処「時空」ではタブレット端末で変身したい衣装を選ぶシステムになっていて、江戸時代らしからぬハイテクな雰囲気を漂わせてました。

衣装はほかにも「殿様」とか「姫」とか「侍」とか「かぶき者」とか様々な衣装が豊富に用意されていて、色の組み合わせとかもタブレット上で確認しながら選ぶことができるようになってます。

そして衣装を決めたらスタッフの人が着付けをしてくれます。

DSC05009

オプションのカツラも豊富にあったりして。

DSC05011

ヘアメイクのオプションもあったりして。

DSC05012

荷物とかは専用のロッカーが用意されてるので預かってくれますよ。

DSC05010

財布とかカメラとかスマホなんかの小物は謎の小袋にいれて持ち運びます。

DSC05273

で、実際に着てみた感想なんですけどね。

なんか着るだけでテンションが上がるというか何というか、普通に楽しくなります♪

オレのカツラ代わりの帽子は敢えて装着したままで。

いや、別にハゲてるわけじゃないけどね。

まぁ、それはそれとして。

腰に挿した刀がより雰囲気を盛り上げてくれたりして。

なんか決闘的な雰囲気を楽しんでみたり。

DSC05041

謎の忍者たちと絡んでみたり。

DSC05077

悪そうな越後屋っぽいオジサンと記念撮影したり。

2015-11-24 15.42.27

新選組なのに子連れ狼っぽいことしてみたり。

DSC05173

なんかね、そういう場所に行ったら、そういう場所に思いっきり染まってみると、そういう場所をより楽しめるような気がしました。

DSC05201

武家娘バージョンの奥さんと、町娘バージョンの娘もまんざらでもない様子で非日常な雰囲気を楽しんでたし。

最初は軽く面倒くさいなとか思ってたんですけどね、実際に変身してみると想像以上の楽しさがそこには待っている的な。

衣装自体は動きやすさみたいなものも重視されていて、例えば今回オレが着た新撰組の衣装って本来は袴なんだけど、袴だとトイレが大変なので敢えてスカートにしてそれを袴っぽく見せる工夫が盛り込まれていたりして。

着物でも特に不便に感じるシーンって無かったです。

ただ、座るときに刀が超ジャマでしたけどねw

まぁ、それはそれとして。

仮に着物が多少着崩れてきたとしても、そのへんにいるスタッフの人にお願いすれば直してくれるし。

そういえば、ちょうど紅葉がいい感じになってる11月下旬に訪れたんですけどね、衣装の下にヒートテック的なシャツとタイツを着ていたおかげで寒さを感じることは無かったですよ。

ただ、定番衣装はオールシーズン同じものが使用されるそうなので本気の夏とか冬だとちょっとキツイかも知れないですけどね。

それでも、個人的には日光江戸村に行ったら変身するのが超オススメです!!

だって、変身しなかった前回より変身した今回のほうが明らかに楽しさが倍増してる感があったのでね。

そんなわけで、また日光江戸村に行く機会があればその時も変身したいなと。

EDO WONDERLAND 日光江戸村

**近日公開? follow us in feedly
「日光江戸村でお芝居見たり何か食べたり」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。