いや、「忍たま乱太郎」とかいわれても世代的に全く思い入れも何も無いんですけどね。

この夏、たまたま『江戸ワンダーランド 日光江戸村・特派員』として招待された日光江戸村でそれっぽいイベントが開催されてたのでね。

そんな、タイムトラベルアドベンチャー2016「忍たま乱太郎 リアル宝探し」は参加費500円の夏限定イベント。

2016-08-01 09.56.49

謎の巻物に記された謎を解きながら答えを探す的な。

2016-08-01 09.51.19

江戸村内に設置されたパネルとかをヒントにしたりして。

2016-08-01 10.00.26

オレと同じく「忍たま乱太郎」には全く思い入れはないんだけど、謎解き系のイベントには何故かいつも必死になるタイプの奥さんがどんどん解き進めていきます。

2016-08-01 10.00.34

で、これが意外と難易度が高い部分があったりして。

2016-08-01 15.03.11

それでも、日光江戸村のスタッフの人々に聞くと何かしらヒントはくれるんですけどね。

2016-08-01 10.47.18

その中でも、途中で訪れた「だるまの絵付け体験(1回500円)」の人が親切丁寧に「忍たま乱太郎 リアル宝探し」のポイントを説明してくれまして。

2016-08-01 11.03.08

まずは、3人で思い思いにだるまの絵付けをするんですけどね。

2016-08-01 11.03.27

何気にクリエイティブ的なことは好きなタイプなので真剣に取り組んだつもりなんですけど、気がついたら気持ち悪い仕上がりになってて…。

なんだろ? 病んでるのかな…。

2016-08-01 11.23.31

それはそれとして、こんな感じ(左から娘・奥さん・オレ)でそれぞれ完成。

2016-08-01 11.30.05

そしてスタッフの人からたくさんのヒントをもらってリアル宝探しを再開(下の写真は関係ないけど)。

2016-08-01 10.45.30-1

ネタバレになってもアレだから詳細は書かないですけどね、1ヶ所だけ普通に分かり辛いところがあって、普通に入っていい場所なんだけど遠慮深い日本人的には入るのを躊躇うようなところに一つの答えがあったような気がしないでもなくもなくなくなくなくないです。

2016-08-01 15.06.48

まぁ、無事にクリアしましたけどね。

とりあえず、日光江戸村内を上手く回遊できるような設定だったので、「忍たま乱太郎」とか関係なく普通に家族で楽しめました♪

ほかにも夏限定イベントとか

日光江戸村では季節ごとにいろんなイベントを用意してたりして、今回訪れたときには2つの夏限定イベントを開催してました。

子供山車渡御

2016-08-01 12.43.28-1

子どもたちが山車を引っ張って日光江戸村内を練り歩くという夏のスペシャルイベントの1つ。

お揃いの法被をきたキッズたちがチカラを合わせて出しを引っ張る姿が微笑ましいです。

水掛神輿渡御

DSC03416

もうひとつの夏限定イベントがこれ。

ムキムキの神輿男子たちに水をかけまくる的な。

日頃の憂さ晴らしなのかどうかは謎ですけど、ほかのお客さんたちもここぞとばかりに水かけまくってました。

DSC03426

ていうか、本番中にゲリラ雷雨がはじまって水掛けとか関係なく普通にみんなビチョビチョになってたし…w

というわけで

2016-08-01 15.02.00

なんだかんだで今回で3回目の日光江戸村なんですけどね、最初は1回行けば十分かなとかって侮ってたけど、実際に行ってみるといつも楽しいし、また機会があれば行きたいし。

いや、家族で1日通して楽しむにはちょうど良い感じの規模だし、なんか普通に手軽に楽しめるテーマパークだと思いますよ。

ただ、都心から電車で行くのは遠いですけどね…。


**近日公開?

「明日から群馬県高崎市に美味しい何かを求めて出張するとか」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。