世界遺産の知床、そして羅臼。

そのへんのインバウンド対応的な感じで羅臼で合宿してまして、2日目は羅臼の周辺観光情報的な感じで摩周湖とか野付半島とかを攻めてきました。

周辺とは言っても、羅臼から車で1時間半とか2時間半とかかかる距離ですけどね。

まぁ、それはそれとして、2日目の様子とか記録したTwitterをまとめておきますね。

最初に立ち寄ったのは、いかにも北海道的な真っ直ぐな道路が伸びるミルクロード

いかにも北海道的な直線道路「ミルクロード」で記念撮影的な。 #羅臼たのしー #プレスマンユニオン #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

「牛乳を出荷するタンクローリーが走る一直線の道」からその名前がついたミルクロードは
中標津町を始め、周辺地域に複数存在する道路の総称である。

特に中標津町の星座観察ポイントでありライダーの聖地でもある開陽台への道が有名で、
なだらかなアップダウンがアクセントになっている。

via: ミルクロード (中標津町/北海道観光スポット) | 根室振興局産業振興部商工労働観光課

次に訪れたのは羅臼から車を走らせること約2時間半の摩周湖

ある一定以上の年代の人々には霧とか布施明でお馴染みのあれです。

目の前に摩周湖、ちょっと奥の方に見えるのが屈斜路湖。 #羅臼たのしー #プレスマンユニオン #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

弟子屈町から11km、川湯温泉から12kmにあり、湖面は海抜351m、周囲約20km、面積19.2平方キロメートル、最深211.4mの世界一級の透明度を誇るカルデラ湖は、刻々として変わる湖面の変化が訪れる人々を魅了します。湖の周囲は300~400mの絶壁に囲まれ、その斜度は平均45度もあり、これほど険しい湖岸は他にはないでしょう。

via: 弟子屈なび_観光 摩周湖

続いての観光スポットは摩周湖から車で30分ちょいの多和平

地平線が見える大牧場「多和平」からの見晴らしがすごい! #羅臼たのしー #プレスマンユニオン #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

360°の地平線が見える展望台に福祉系クラフトショップやレストランにキャンプ場まである広大な大牧場。

広大な景色とランチを楽しんだあとは、再び広大な360°の地平線を眺めることが出来る開陽台へ。

地球が丸く見える開陽台。 #羅臼たのしー #プレスマンユニオン #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

中標津市街、中標津空港から車でおよそ15分の距離に位置する開陽台は標高270mの台地。ここから望むと、眼下の草原の地平線が文字どおり丸く見え、北海道にいることを実感できます。森林や波うつ丘陵や牧草地などがエンドレスに広がり、そこは規則的な旋律を描く無限のガーデン。夜は大粒の星が降り注ぎ、地球も銀河星の一員であることを感じとれる宇宙の大パノラマが広がります。

via: 開陽台 | 観光情報 | イベント・観光 | 中標津町公式WEBサイト

開陽台のクローバーや野花から採れたハチミツたっぷりなソフトクリームを堪能したあとは、個人的に羅臼周辺のずっと気になってた野付半島へ!!

野付半島、ナラワラ付近とか。 #羅臼たのしー #プレスマンユニオン #野付半島 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

北海道の知床半島と根室半島のあいだに位置する、全長約26kmの日本最大の砂の半島、砂嘴(さし)です。
複数の国有林を持ち、国指定特別鳥獣保護区があります。

海に突き出たかぎ針状で、独特の形をしています。中には砂浜、干潟、草原、高層湿原、森林、があり、立ち枯れの風景『トドワラ』や『ナラワラ』といった景勝地があります。

via: 野付半島って? | 野付半島ネイチャーセンター

まさか野生の丹頂鶴を見れるとは!!

まぁ、そんなこんなで今回の合宿先である羅臼の宿まるみへ戻ってきました。

ちなみに、この日のモーニングやディナーは↓こんな感じで大変美味しゅうございました。

**近日公開?

「合宿3日目は天気が悪いっぽいのでホテルに籠もって作業するとか」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。