2016年3月7日(月)に長崎県のアンテナショップが東京・日本橋に『日本橋 長崎館』がグランドオープンするということで取材がてらオープン前の店内をウロウロしたり、イートインコーナーで美味しい何かを試食してみたり、オープニングセレモニーに潜入したり、なんかそんなようなことをしてきました。

今回オープンした『日本橋 長崎館』は「首都圏と地元の「人」「物」「情報」の交流を活発化し、地域を元気にします!」というコンセプトを掲げて長崎県の歴史・文化・自然・食などの魅力を総合的に発信しつつ、長崎県内の市町及び関係企業・団体との連携強化により県産品のブランド化・販路開拓及び長崎県の誘客促進に取り組んでいくとかなんとか。

本日オープンの長崎県のアンテナショップ「日本橋 長崎館」の内覧会に潜入とか。 #日本橋 #長崎県 #長崎館 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

まぁ、小難しいことは置いておくとして、そんな『日本橋 長崎館』の店内は大きく分けて「物販ゾーン」「軽飲食ゾーン」「観光案内ゾーン」「イベントゾーン」の4つのゾーンで構成されてます。

ちなみに店長は爽やかなイケメン風です。

DSC09552

まぁ、それはそれとして。

物販ゾーン

main

長崎カステラやちゃんぽんなどの定番商品から、見たことないような逸品まで盛りだくさん。

ちなみに、首都圏では『日本橋 長崎館』でしか買えない商品を取り揃えてるとかなんとか。

ほかにも長崎県で獲れたフレッシュなフルーツたちも用意されてたりして。

何を選ぼうか迷ったときは「食と暮らしの案内人」が、長崎の歴史的背景なんかも絡めながら商品のこだわりなどを丁寧にご紹介してくれるそうですよ。

で、そんな「食と暮らしの案内人」がオススメするのが↓こんな商品たちだそうです。

あごんちょび

sub4

アンチョビじゃなくて「あごんちょび」という名称のアンチョビっぽい何か。

上五島産の「あご」を、同じく上五島産の「椿油」と自家製塩の「海塩ごとう」で漬け込んだ逸品だそうで、料理のアクセントに加えると和食にイタリアンの風が吹くとかなんとか。

長崎角煮まんじゅう

sub8
百貨店などの物産展では販売される長崎のド定番な人気商品らしいんですけど、常時店頭に並ぶのは『日本橋 長崎館』だけだそうです。

指定の養豚場を持つほどのこだわりまんじゅうの美味しさは絶品なんだとか。

長崎ふうけい

sub7

長崎の伝統菓子“口砂香(こうさこ)”で、長崎の教会などを型取った可愛らしい商品だそうです。

落雁の一種なんだけど、落雁よりもサクッとした口当たりが特徴で、口にするとホっとする甘みが嬉しい逸品なんだとか。

観光案内ゾーン

sub1

「旅の案内人」が、長崎県の定番観光スポットから、隠れた観光スポットまで丁寧に案内してくれるそうです。

長崎県内の各エリアの観光案内パンフレットなんかも多数用意されてますので、長崎県の最新情報をチェックしてみるのもオススメな感じです。

イベントスペース

長崎県内の市町や生産団体、企業による観光PRや実演販売などを行い、長崎県の魅力を紹介するほか、物販ゾーンや軽飲食ゾーンと連動したイベントなども開催するそうです。

ちなみに3/21(月・祝)までは「長崎県の世界遺産に触れる」という展示を行ってまして、2015年7月に世界文化遺産として登録された「明治日本の産業革命遺産(軍艦島・端島)」と、世界文化遺産登録を目指している「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の大型模型が展示されてますので、気になる人は展示期間中に足を運んでみてください。

軽飲食コーナー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長崎自慢のお菓子やお茶、お酒などを味わうことができるイートインコーナー♪

麦焼酎発祥の地と言われる「壱岐焼酎」など長崎自慢のお酒の飲み比べもでなんかもできるそうです。

また、食器は国の伝統的工芸品に指定されている「波佐見焼」や「三川内焼」などを使用しているんだとか。

で、メニューは↓こんな感じ。

DSC09564

ちなみに、今回は↓こんなのを試食させてもらいました♪

カステラ(日替わり)

DSC09567

とりあえず長崎といえばカステラ♪

室町時代の終わりに開港したばかりの長崎港にスペインで古くから栄えたカスティラという王国のパンとして長崎の人々に紹介されそうなんですけどね、数ある長崎のカステラの中から毎日お勧めのカステラを日替わりで提供してくれるそうですよ。

びわソフトサンデー

DSC09563

長崎県名産のびわを使ったびわのソフトクリームと長崎のフルーツやカステラなんかが組み合わさった見てるだけでニヤニヤしちゃいそうな季節限定のサンデー。

爽やかな甘味のびわのソフトクリームとカステラの相性もバッチリで幸せな気分に浸れましたよ♪

長崎出島阿蘭陀珈琲

DSC09571

インドネシア産のアラビカ種をじっくりと蒸らして淹れる珈琲なんですが、アメリカンのようにあっさりしながらも深い香りとコクが共存しているような感じで、カステラと一緒にいただくと思わずニヤニヤが止まりませんでした♪

まぁ、そんなかんじで定番商品から季節限定商品までいろいろラインナップされてるようなので立ち寄った際には休憩のついでにイートインコーナーを利用してみるのもオススメですよ!

オープン記念来場者プレゼント&お買い上げ特典

DSC09649

今回のオープンを記念したキャンペーンなんかも用意されてるようでして。

オープン記念 先着100名様限定 来場者プレゼント

【3月7日(月)オープン~9日(水)】
各日先着100名様、3日間合計300名様に長崎県産品をプレゼント!

開店祝いの大盤振る舞い!お得な初売り!!

【3月7日(月)オープン~21日(月・祝)】
期間中に税込1,080円(レシート合算可)以上のお買い上げにつき、「日本橋 長崎館」で利用可能な「300円ふるさと割お買物券」を1枚プレゼント!

ただし、期間中であっても、助成額が予算に達した時点で「300円ふるさと割お買物券」の配布は終了となるそうです。

というわけで

DSC09641

オープン初日は生憎の雨だったにも関わらず大勢の人々が開店待ちをするほどの混雑っぷりだったりして。

DSC09634

正直、これまで長崎って言うと「ちゃんぽん」と「カステラ」というイメージしかなかったんですが、実際に『日本橋 長崎館』を覗いてみると他にも魅力的なものはいろいろあったりしますのでね。

場所的には東京駅とか日本橋駅から普通に徒歩圏内なので、近くを通りかかった際は、気軽に覗いてみて長崎県の新たな魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに『日本橋 長崎館』のロゴマークには↓こんな意味が込められてるそうですよ。

長崎の魅力あふれる島々と、その島々をめぐる航路を「N字」で表現。
豊かな自然を表す緑と、取り囲む海を表す青の2色で構成。
楕円と緩やかなカーブの柔らかなアイコンが、長崎の穏やかな気候も表しています。

店舗情報

店名 長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」
住所 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-3アーバンネット日本橋二丁目ビル1F
アクセス 東京メトロ「日本橋駅」B7出口から徒歩1分
東京メトロ「三越前駅」B5出口から徒歩3分
JR「東京駅」八重洲北口から徒歩5分
電話 03-6262-5352
ホームページ http://www.nagasakikan.jp/
営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休(ビル施設点検日等除く)

 
**近日公開? follow us in feedly
「そういえば今年は忍者元年だそうで」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。
 
ちょっとしたオススメ情報とか。