本日、SoftBankが2016年夏モデルとなる新型Androidスマートフォン3機種を発表しましたよ!!

なぜか「Galaxy S7 edge」はラインナップされてないんですけど、「Xperia X Performance」はちゃんと用意されてます♪

sm_img_03

とりあえず、「Xperia X Performance」の主なスペックは↓こんな感じ。

  • OS:Android 6.0
  • プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 820・2.2GHz・2コア + 1.6GHz 2コア
  • メモリ:3GB 内蔵ストレージ:32GB + microSDXC(最大200GB)
  • ディスプレイ:約5インチ・フルHD(1080×1920)・トリルミナスディスプレイ for Mobile
  • バッテリー容量:2570mAh
  • アウトカメラ:有効約2300万画素裏面照射型CMOS(ハイブリッドAF、先読みAF対応)
  • インカメラ:有効約1300万画素裏面照射型CMOS(AF対応)
  • ボディーカラー:ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールド
  • サイズ:約71(幅)×144(高さ)×8.6(奥行き)ミリ
  • 重量:約165グラム
  • おサイフケータイ(モバイルFeliCa)
  • フルセグ・ワンセグ(地デジ)
  • Quick Charge 2.0
  • 防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)

「Xperia X Performance」以外の2016夏モデルとしては「AQUOS Xx3(アクオス ダブルエックス スリー)」と「DIGNO F(ディグノエフ)」の2機種が用意されてる感じです。

fig_main

画像出典:ソフトバンクの夏コレ、キタコレ。 | ソフトバンク

ソフトバンク株式会社は、SoftBankの2016年夏商戦向けのスマートフォンとして、「Xperia™ X Performance」「AQUOS Xx3」「DIGNO® F」の3機種を、6月上旬以降順次発売します。

「Xperia™ X Performance(エクスペリア エックス パフォーマンス)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)は、丸みを帯びたフレームとラウンド形状のガラスのディスプレーを採用した高性能スマートフォンです。カメラキーを長押しして起動からオートフォーカス、撮影まで約0.6秒で撮影できるソニーの技術から生まれた高性能カメラを搭載し、さらにハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)の再生に対応しています。発売は2016年6月中旬以降の予定です。

「AQUOS Xx3(アクオス ダブルエックス スリー)」(シャープ製)は、動きの激しい映像や画面をスクロールする際もなめらかに表示できる「ハイスピードIGZO」を搭載したスマートフォンです。また、カメラは約0.4秒の高速起動に加え、約0.02秒のハイスピードオートフォーカスに対応しています。さらに人工知能「エモパー」が健康をサポートするなど、便利な機能が充実しています。発売は2016年6月上旬以降の予定です。

「DIGNO® F(ディグノエフ)」(京セラ製)は、耐衝撃・防水・防じんの機能に加え、手がぬれている場合や手袋を着用した場合でも操作ができるディスプレーを搭載したスマートフォンです。従来の携帯電話に近い感覚や操作が可能な「かんたんビギナーホーム」「ケータイ入力」などを搭載しています。発売は2016年6月下旬以降の予定です。

via: SoftBank、2016年夏商戦向けスマートフォンとして3機種を発売 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

とりあえず、「Xperia X Performance」についてはauとかと同じく2016年6月くらいの発売っぽいですね。 


トップ画像出典:Xperia X Performance | ソニーモバイルコミュニケーションズ

**近日公開?

「なんか最近やたら知り合いに偶然出会う」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。
 
ちょっとしたオススメ情報とか。