SoftBankが「Xperia™ XZ」をはじめとした2016-2017冬春モデルを発表しましたよ。

ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、2016年冬から2017年春向けの新商品としてSoftBank から7機種、Y!mobileから2機種を2016年10月下旬以降順次発売します。

ラインアップとして、SoftBankから「スマートフォン」3機種、「ケータイ」1機種、「タブレット」2機種、「衛星電話」1機種、Y!mobileから「ケータイ」1機種、「タブレット」1機種を揃えています。発売に先立ち、「Xperia™ XZ」を10月14日より、「AQUOS ケータイ2」(SoftBank)を10月21日より予約受け付けを開始します。

via: 2016-17年冬春商戦向け新商品について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

なんか、いろいろ発表してるんですけどね、なんだかんだでやっぱり個人的に気になるのは「Xperia™ XZ」なわけで。

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーモバイル)は、スマートフォンXperia Xシリーズの新商品として、フラッグシップモデルの『Xperia XZ(エクスぺリア エックスゼット)』を開発しました。本機は、ソフトバンク株式会社より、商品名Xperia XZとして、2016年11月上旬以降に発売予定です。

via: ニュース&トピックス | 会社情報 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

今年9月にドイツ・ベルリンで開催されたIFAで発表された真のフラッグシップモデルとかなんとか。

普通にフラッグシップモデルだと思ってた「Xperia™ X Performance」の発売から数ヶ月で、真のフラッグシップモデルとか言われてもね、普通に軽く迷走してる感を否めなくもなくもなくなくないですけどね。

まぁ、それはそれとして。

基本的なスペックは↓こんな感じ。

OS Android™ 6.0.1 Marshmallow
CPU クアッドコア(2.2GHz×2 + 1.6GHz×2)/MSM8996
メモリ 3GB
ストレージ 32GB + microSDXC(最大256GB)
ディスプレー 約5.2インチフルHD(1,920×1,080)・TFT液晶(最大1,677万色)
背面カメラ 有効画素数約2,300万画素/CMOS
フロントカメラ 有効画素数約1,320万画素/CMOS
最大通信速度 下り:350Mbps・上り:37.5Mbps
サイズ 約72×146×8.1mm
重さ 約161g
防水/防じん IPX5、IPX8/IP6X
電池容量 2,900mAh

本体カラーは、ミネラルブラック・プラチナ・フォレストブルー・ディープピンクの全4色。

ちゃんと最初からディープピンクも一緒に発売されるようでよかったですね。

で、そんなSoftBank版の「Xperia™ XZ」は10月14日から予約受付開始で、2016年11月上旬以降から販売開始になるようですよ。

そのほか詳細はSoftBank公式のプレスリリースも合わせてどうぞ。

2016-17年冬春商戦向け新商品について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
 
SoftBankが「Xperia™ XZ」を発表したということは近日中にdocomoとauも発表してくるんでしょうね。

まぁ、先月「Xperia™ X Performance」に機種変更したオレ的にはどうでもいい話なんですけどね。
 
**近日公開?

「最近のオレのMVNO事情とか」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。