三鷹駅南口を出て徒歩1分くらい。

そこに伸びる三鷹中央通り商店街。

2017-01-30 13.46.06-1

普段は、どこにでもあるような普通の駅前商店街という雰囲気。

だけど、この三鷹中央通り商店街、月に1回メインの通りを歩行者天国にして大きな賑わいが生まれたりしてます。

三鷹中央通り商店会さんの投稿 2017年1月6日

 
それが毎月第4日曜日に開催される「Mマルシェ」というイベント。

歩行者天国となった通り沿いにプロ・アマ問わず様々なクラフトショップが軒を連ねます。

ただし、1月と2月は寒くて出展者と集客が厳しいので開催してないんですけどね…。

まぁ、それはそれとして。

昨年末の12月23日に開催された「Mマルシェ」では三鷹市の姉妹都市である福島県矢吹町からの特別ブースの出展があったりして、なんだかとっても盛り上がってました♪

そして、この日の「Mマルシェ」では、もうひとつのビッグイベントが!!

三鷹中央通り商店街には阿波踊りの「みたか連」がいる!!

東京で阿波踊りって言うと、それはもう高円寺が圧倒的な知名度を誇ってるんですけど、電車で数駅しか違わない三鷹も実は阿波踊りが盛んだったりして、毎年夏に阿波踊りが開催されてて、今年50周年を迎える長い歴史があったりします。

ちなみに「Mマルシェ」を毎月開催している三鷹中央通り商店会には、商店会としての阿波踊り連「みたか連」が存在しています。

阿波おどり みたか連さんの投稿 2016年9月7日

 
そんな「みたか連」の人々はサンタのコスプレをしてスタンプラリーを開催したり、それっぽい顔出しパネルを用意して「Mマルシェ」を盛り上げていました。

そんなこんなで、日も暮れはじめてきたタイミングで、サンタたちが続々と集結!!

そして踊りはじめるサンタの集団!!!!!

小さなキッズから大人まで、みんなサンタのコスプレで阿波踊り。

衣装こそサンタですが、そこは三鷹を代表するひとつの阿波踊り連として様々な地域からも出張公演の依頼が次々と舞い込む「みたか連」なので、阿波踊りは本気のそれでした。

いや、サンタと阿波踊りというミスマッチ感も面白かったですけど、寒空の中で本気で踊る「みたか連」の熱気に圧倒されたと言うか、普通に感動したというか、なんかとても印象的でした。

サンタがいっぱいいた!! ‪#Mマルシェ #三鷹たのしー #みたか連 #阿波踊り‬ #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

というわけで、三鷹の阿波踊りなんですけどね、いい意味で高円寺よりも知名度が低くて、本番当日も高円寺ほどは混んでないので、阿波踊りをもっと間近で観たいって人にとっては絶好のイベントなような気がしないでもないです。

今年も三鷹では8月19日(土)20日(日)の2日間に渡って三鷹中央通り商店街を封鎖して大々的に「第50回 阿波踊り」が開催されますので気になる人は是非チェックしてみてくださいませ。

三鷹阿波踊り50周年ということで特別な何かがあるかどうかは知らないですけど。

ちなみに、その1ヵ月前の7月下旬には今回紹介した「Mマルシェ」の拡大版的な位置付けかどうかは定かではないですけど、同じく三鷹中央通り商店街で「ふるさと三鷹ふれあい夏まつり」が開催され、そこでも「みたか連」が練り踊りますよ♪

 
**近日公開?

「謎のオシャレな翻訳機?」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。
 
ちょっとしたオススメ情報とか。