この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。


ここは三鷹駅南口から徒歩2分くらいにある「キズナバー」という謎のコミュニティスペース。

2016-09-16-16-27-52

ここを借りてる株式会社キズナ・ばの事務所が2階にあって、1階はフリースペースという構造。

2016-09-16-16-28-23

なぜか、ここ最近そのフリースペース部分をちょっとしたイベントの場として使わせてもらったり、普通に職場として使わせてもらってるんですけどね。

期間限定でプロジェクター導入!! #reviews_ad #BenQ #キズナバー #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ここにプロジェクターとかあれば、ちょっとした勉強会とか開催できるし便利だろうな〜とか思ってたら、絶妙なタイミングでプロジェクターのレビュー依頼が舞い込んできたわけです♪

2016-09-16-16-50-59

というわけで、今回お借りしたプロジェクターはBenQのHT2050という機種。

 
Amazonでは9万円台前半(2016年9月20日時点)で購入できるそこそこのクラスのホームプロジェクターです。

それがこれなんですけどね。

2016-09-16-16-56-36

同梱物はこんな感じで、本体と電源コードとリモコンと説明書などなど。

2016-09-16-16-56-08

接続端子はこんな感じで一通り揃ってる感じです。

2016-09-16-16-57-14

ただ、パソコンなどとプロジェクターをつなぐケーブルは同梱されてないので注意が必要です。

dsc04193

で、実際に先日このプロジェクターを使って、三鷹市周辺で地域活動とかに興味のある人々向けにWebやSNSの活用を促進するようなセミナー的なことを開催してみたんですけどね。

あ、スクリーンは近所の知り合いの商店会の事務所から借りてきました。

セミナーの内容は置いといて、そこまで室内を暗くしなくてもクッキリ映ってるのがスゴく印象的でした。

やっぱあれなんですかね、2200ルーメンという高輝度が効いてるのかなと。

HT2050は、フルHD(1920×1080)の高解像度で、高輝度2200ルーメンの明るさと、高コントラスト比15000:1を実現しています。フルハイビジョンの映像を、きめ細やかで細部まで美しい映像をお楽しみいただけ、15000:1の高コントラスト比で、映画など暗いシーンが多い映像でも、階調をつぶすことなく黒色を美しく表現し、映像の世界観をしっかりと映し出すことが出来ます。

via: BenQ HT2050 Home Projector | BenQ Japan

で、まぁプレゼンでの利用は問題なく普通に快適に利用できたんですけどね、個人的な問題は全く別のところにあって…。

スポーツ観戦とか興味なかったのに大画面の迫力にハマったオレ…。

昔から憧れてるフレーズのひとつに「パブリックビューイング」というのがありまして。

パブリックビューイング(英: public viewing)は、スポーツ競技において、スタジアムや街頭などにある大型の映像装置を利用して観戦を行うイベントのことである。主にオリンピックやFIFAワールドカップ、プロ野球、Jリーグのリーグ戦終盤やポストシーズン、プロボクシングの世界戦で選手の地元向けなどに行われる。コンサート等スポーツ以外のイベントでも実施されることがある。
街頭テレビのように、会場が無料開放される場合もあれば、映画館などで入場料を支払う場合もある。

via: パブリックビューイング – Wikipedia

なんか、何気ない会話の中でサラッと自然に「パブリックビューイング」って言えたらカッコいいじゃないですか。

だけど、もともとスポーツ観戦自体にそんなに興味を示さないオレなんですけどね、まるで図ったかのようなタイミングで今年8月末に日本に上陸したスポーツ専門ライブ動画サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」の存在を知ってしまい、せっかくの機会なので試しに1ヵ月お試し体験的なやつに申込んでみたんですね。

あれ、これとあれを組み合わせればもしかしたら「パブリックビューイング」的なあれが楽しめるんじゃん!? 的な淡い期待を込めつつ。

2016-09-22-16-10-20

で、実際に試してみて軽くビックリしたんですけど「DAZN(ダ・ゾーン)」ってラインナップがスゴく豊富でメジャーなスポーツは大体のジャンルを抑えてる感あるし、しかも野球とかサッカーとかライブ中継とかもやってて、これを大きなスクリーンで見ればまさに「パブリックビューイング」じゃん!! みたいな。

一人だけどね。

dsc04206

でもね、なんか迫力すごい!!

これまでスポーツ観戦とか興味なかったんだけど、何なのこの大迫力!!!

なんだろ、軽くクセになりそうな危険な香りが漂ってるような気がしないでもなくもなくなくなくなくないし。

これは後から知ったんですけど、一般的なプロジェクターの方式は主に液晶方式とDLP方式の2つの方式があって、DLP方式は光源からの光をDMDチップというミラーで反射させ表示するため反応が早く、残像感が少ないのが特徴なんだそうです。

で、今回使用したBenQ(HT2050)のプロジェクターはDLP方式が採用されてるんですね。

だからこそ、激しい動きのあるスポーツ動画でもクッキリと鮮明な映像表現で違和感なく目の前の映像に没入できたのかなと。

dsc04198

ちなみに、画面の歪みに関しては上下の補正のみで、本体価格との兼ね合いなのか左右の補正機能は搭載されていないため、どうしてもスクリーンの正面にプロジェクターを置く必要があるんですけど、プロジェクターの真後ろにいても排気や動作音は全然気にならないレベルでした。

2016-09-22-16-11-26

プロジェクターの排気は側方へ逃げる構造になってるようで、プロジェクターの真後ろに座っても排熱やファンの騒音が気にならないように配慮されている雰囲気です。

2016-09-20-11-37-05

そんなわけで、レビュー期間が終わっても返却したくないなと普通に思うオレが確実に存在してるんですけど、その一方で、こんなもん(もちろん良い意味で)が常に近くあったら危険すぎることも確かで…。

dsc04199

だって、自己管理がめっぽう苦手で、目の前の誘惑には人一倍弱いオレとしては、あんなに憧れてた「パブリックビューイング」をこんなにもカンタンに目の前で実現できてしまうと、本当に向き合わなければいけない目の前の現実を直視できる自信なんてこれっぽちもないですからね…。

たぶん、こういうのは自己管理がしっかり出来て、オンとオフの切り分けをキッチリできるスペックを持った大人の人向けの製品なんだろうなと…。

それとAmazonプライム・ビデオが捗り過ぎて…。

オレって何気にAmazonのプライム会員だったりするので、常にプライム・ビデオが見放題なんですよ。

2016-09-20-11-37-40

ちなみに、プライム会員になった決め手はプライム・ビデオに、なんかもう個人的に大好き過ぎるTVドラマケイゾクSPECがラインナップされてることだったりして。

で、こないだまでプライム・ビデオの対象外だったはずの、ケイゾク/映画SPEC 天SPEC 結 漸ノ篇SPEC 結 爻ノ篇といった歴代の劇場版がいつの間にかプライム・ビデオにラインナップされてるし!!

dsc04176-1

それはもう、ホームプロジェクターの軽いレビューとかじゃなくて本気で鑑賞しないといけないわけです。

dsc04171

うん。なんかよくわかんないけど、それはもう絶対に鑑賞しないといけないんですよ!!

そんなわけで、気がついたら普通に丸一日ずっとSPECとかケイゾクを鑑賞し続けてるオレがいました。

他にやらなきゃいけない宿題とか仕事とかいっぱい溜まってるのに…。

dsc04187

まぁ、それはそれとして。

今回の個人鑑賞会で大活躍してくれたBenQ(HT2050)は普通にフルハイビジョン(1920×1080)対応なので、プライム・ビデオのHD(高画質)作品を投影するには十分なスペックでしたよ。

ていうか、想像以上に普通にキレイにクッキリと映ってて室内を真っ暗にして鑑賞してたら、まるでホントの映画館の中に居るような没入感を味わえたような気がしないでもなくもなくて。

プロジェクター内蔵の音響もなかなかな感じだし。

従来機で好評の10Wx1のチャンバー型スピーカーを搭載。高音質の音声をお楽しみいただけます。更にBenQオーディオエンハンサー(Poword by MaxxAudio)を追加し、重低音を強化しました。映画ファンも納得の音質・音量をご家庭で楽しむことが可能です。

via: BenQ HT2050 Home Projector | BenQ Japan

だけどね、自己管理がめっぽう苦手で、目の前の誘惑には人一倍弱いオレとしては、Amazonプライム・ビデオとホームプロジェクターによるコラボレーションに手を出したら終わりかなと…絶対に仕事しなくなるし…。

たぶん、こういうのは自己管理がしっかり出来て、オンとオフの切り分けをキッチリできるスペックを持った大人の人向けの製品なんだろうなと…。

オレもいつかそんなスペックを持った大人になりたいなと…。

そういえば「Kindle for PC」との組み合わせもステキだった!!

なんか、せっかくなので「Kindle for PC」を起動してスクリーンに投影してみたんですね。

そしたら、これがまたステキな感じで。

いや、ちょっと待って今までこんな大画面で漫画なんて読んだことないよ!! 的な衝撃を軽く受けたりして。

2016-09-19-17-16-39

気がついたら丸一日ずっと「ブラックジャックによろしく」とか「GANTZ」とか「いぬやしき」とかを読み続けてるオレがいました。

他にやらなきゃいけない宿題とか仕事とかいっぱい溜まってるのに…。

2016-09-19-17-13-48-hdr

そういえば「Kindle for PC」でも普通にプレゼン用リモコン「黒曜石」が反応して便利でしたよ♪

なんかね、「ホームプロジェクター」×「Kindle for PC」×「黒曜石」の組み合わせって大人の贅沢な堕落セットなのかなと。

dsc04169

だからこそ、自己管理がめっぽう苦手で、目の前の誘惑には人一倍弱いオレにとっては危険極まりないし、確実に仕事しなくなるし…。

たぶん、こういうのは自己管理がしっかり出来て、オンとオフの切り分けをキッチリできるスペックを持った大人の人向けの製品なんだろうなと…。

dsc04189

オレもいつかそんなスペックを持った大人になりたいなと…。

それはさておき、BenQのホームプロジェクター(HT2050)の基本的なスペックは以下のような感じです。

投写方式‎ DLP
画素数‎ Full HD (1920 x 1080)
対応解像度‎ VGA PC信号:VGA(640×480)~WUXGA(1920×1200)*
HDMI信号:VGA(640×480)~Full HD(1920×1080)
* VESA Reduced Blanking信号のみ対応。‎
輝度 2200 ルーメン‎
画面サイズ 60型~300型
投写距離 60型:約1.51-1.97m
80型:約2.02-2.63m
100型:約2.53-3.29m
120型:約3.03-3.94m
※投写シミュレーター
ズームレンズ 1.3倍‎
コントラスト比‎
色再現性 フルカラー約10億7000万色
アスペクト比‎ 16:9‎
台形補正‎‎ マニュアル台形補正(縦方向のみ±40°)‎
走査周波数(水平)‎ 走査周波数(垂直)‎‎
光源*‎ 最大約3500時間(標準)
最大約5000時間(エコノミー)
最大約6000時間(スマートエコ)‎‎‎
運転音 27/29dB(エコノミー/標準)
入力端子‎ HDMI端子(v1.4a)x2
コンポーネント端子(RCA)x1
ビデオコンポジット端子x1
ミニD-sub15ピンx1
オーディオRCA端子(L/R)x1
オーディオミニジャックx1
出力端子‎ オーディオミニジャックx1‎
スピーカー‎ 10W x 1 (チャンバー型)‎
制御端子(PCコントロール) RS232c端子x1
USB Type-A端子x1(給電専用)
USB Type Mini-B x1
12Vトリガーx1‎
カラー方式‎ NTSC, PAL, SECAM‎
HDTV対応‎ 480i, 480p, 576i, 567p, 720p, 1080i, 1080p‎
外形寸法 (W×H×D)‎‎ 380.5 x 121.7 x 277 mm
本体重量‎‎ 約 3.3 kg‎
電源電圧‎‎ AC100~240V±10%、50/60Hz‎
消費電力‎ 最大375W (待機時 : 0.5W)‎
OSDメニュー言語‎‎ 28ヶ国語マルチ (日、米、仏、独、伊、西、韓、簡中、繁中、露、蘭、スウェーデン、トルコ、チャコ、ポルトガル、タイ、ポーランド、ルーマニア、クロアチア、デンマーク、フィンランド、ハンガリー、ノルウェー、ブルガリア、ギリシャ、インドネシア、アラビア、ヒンディー)‎‎
主な特長‎‎ BrilliantColor(TM)
3Dカラーマネージメント
3D対応
フリーズ
レンズシフト
マニュアル台形補正(縦方向のみ±40°)
オートオフ
クイッククーリング
SmartEco
エコブランク
HDTV対応
パネルキーロック
クイックオートサーチ
付属品‎ クイックスタートガイド、マニュアルCD、リモコン、電源ケーブル(3m)、保証書
※接続用のケーブルは付属されていません。‎
オプション製品‎‎ 天吊り金具(CMP-80)
3D専用メガネ(3DGS-02)
交換用ランプ(LHT-2050/3050)
キャリングバック(CBP-61ST)‎
JANコード‎‎ 4544438054861‎
適合規格‎ RoHS指令対応‎
保証期間‎‎ 購入日より1年間
※光源ランプは購入日から起算して満3ヶ月又は500時間使用のいずれか一方に達するまで
製品サイト‎ http://www.benq.co.jp/product/projector/HT2050/features/

そういえば、より多くの人々に「BenQ製品」の魅力を届けるBenQアンバサダープログラムが始まったそうなので、興味のある人は覗いてみてはいかがでしょう。

 
**近日公開?

「そういえば今年の夏に行った白馬旅行とか」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。
 
ちょっとしたオススメ情報とか。