以前、ファウンダーに軽くインタビューさせてもらったフランス発の忘れ物防止ガジェット「Wistiki(ウィスティキ)」が手元に届きましたので、とりあえず開封とか設定とかしてみただけです。

忘れ物防止に役立つフランス製のオシャレ感溢れるガジェット「Wistiki(ウィスティキ)」のファウンダーに会ってきた!!

2016.05.01

これがそれなんですけどね。

2016-10-02-17-41-04

なんかパッケージからしてオシャレ感というか、ちょっとした高級感が漂ってる感が否めなくもないような気がして。

2016-10-02-17-41-20

なので、無駄にVineで開封の様子を撮影してみたり。

まぁ、それはそれとして。

2016-10-02-17-45-12

「Wistiki」は3タイプがあるんですけど、今回届いたのはキーリングとかにつけて使う用の「voila!(ヴォワラ!)」なんですけどね。

2016-10-02-17-46-31

なんか無駄を徹底的に省いたソリッドなデザインに軽くゾクゾクします。

2016-10-02-17-46-47

デザインの無駄を省くことを徹底した結果のひとつとして電池は内蔵式で、寿命は3年くらいで使い捨てなんですけどね。

2016-10-02-17-46-11

でも、そのかわりかどうかはわからないけど、防水に対応してるのは普通に嬉しかったりして。

2016-10-02-17-45-47

ちなみに、デザインはフィリップ・スタルク氏が手がけてるそうで。

フィリップ・スタルク(Philippe Starck, 1949年1月18日 – )は、建築・インテリア・家具・食器・出版物・インダストリアルデザイン等さまざまな分野のデザインを手がける総合的なデザイナー。

via: フィリップ・スタルク – Wikipedia

これまでの実績で有名なとこだと、浅草にあるアサヒビールスーパードライホールの屋上にある謎のオブジェとかですかね。

そんなフィリップ・スタルク氏のインタビューがYouTubeで公開されてたので置いておきますね。

で、実際に使ってみるんですけどね、基本的な設定とかは専用のアプリで行います。

まずはアプリ上からBluetoothでペアリングして。

2016-10-02-17-52-07

ペアリングしたら個人設定を行って。

2016-10-05-18-44-36
2016-10-05-18-44-41

このWistikiでできることって大きく2つあって、ひとつが「スマホからWistikiを探す」という機能。

WistikiとスマートフォンやタブレットがBluetooth®でつながっているときにアプリからWistikiを鳴らすと、小さなWistiki本体からはっきり大きな呼出音*が鳴ります。
クッションの下に埋もれた鍵やポケットに入ったままのお財布も、簡単に見つけられます。

via: Wistiki : L’application pour retrouver ses objets perdus – Wistiki

Wistiki専用のスマホアプリからの操作で、↓こんな感じでWistiki本体から呼出音を鳴らすことができます。

もうひとつが「Wistikiからスマホを探す」という機能。

肝心のスマートフォンが見つからなくても大丈夫。
WistikiとスマートフォンやタブレットがBluetooth®でつながっているときには、Wistikiの凹部を押すと、スマートフォンやタブレットを鳴らすことができます。

via: Wistiki : L’application pour retrouver ses objets perdus – Wistiki

Wistiki本体のボタンを押すことで、↓こんな感じでスマホがマナーモードだったとしても呼出音を鳴らすことができます。

なので、どちらかを紛失したりしたら手元にある方から呼び出すことができるんですね。

2016-10-02-17-55-25

Wistikiをキーリングにつけておけば、もし鍵を無くしたとしてもスマホのWistikiアプリ上からWistikiの現在地を地図で確認できたりして、万が一のときとかにとっても役に立ちそうなポテンシャルを秘めてたりします。

しかも、Wistikiユーザーを活用したコミュニティ機能なんかも用意されてて、いざという時に助けて貰えそうな感じもあったりして。

Wistikiアプリは、WistikiとのBluetooth接続が途切れた位置と日時を記録しています。Wistiki自体にはGPSは内蔵されていません。
Bluetoothの圏外に出てしまったWistikiは、コミュニティによって位置情報を更新します。

Wistikiを付けていても大切なものを失くしてしまうことを完全に防ぐことはできません。
でも、Wistikiコミュニティの力で、失くしてしまったものが見つかる可能性をあげることができます。

via: コミュニティ – Wistiki

まぁ、万が一のときなんて来ないほうがいいし、Wistikiが活躍する場面なんてない方がいいに決まってるんですけどね。

とりあえず、安心感を与えてくれることは確かで、しかも普通にカッコいいデザインだし。

そんなわけで、しばらくはWistikiとともに日常を過ごしていこうかなと思ってる今日このごろです。

Wistiki : L’application pour retrouver ses objets perdus – Wistiki
 
**近日公開?

「Klipsch初のBluetoothイヤホンがやってきた♪」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。