ZEISSレンズで光学30倍ズームでビューファインダー搭載の新しいCyber-shot「DSC-HX90V」をベタベタさわってきた♪

DSC02887

SONYが先日発表した新しいCyber-shot「DSC-HX90V」なんですけどね。

ZEISSレンズで光学30倍ズームでビューファインダー内臓で、なんかもう欲しすぎて困るのでソニーストアまで必死に出向いて必死にベタベタさわってきただけです。


細かいスペックなんかは公式サイトで確認してもらうとして。

とりあえず、↓こんな感じです。

DSC02873

個人的な印象では、ハイエンドコンデジであるRXシリーズの廉価版的な感じもしないでもないんですけど光学30倍ズームに対応してるので断然こっちのほうが魅力的だったりしてます。

RXシリーズとの画質的な差とかは正直どうでもよくて、日常使いに必要な機能が搭載れてるかのうほうが重要なわけで。

それでもレンズはGレンズからZEISSバリオ・ゾナーT*レンズに進化してますからね。

有機ELファインダーと光学30倍ズームレンズを搭載しながら、世界最小のコンパクトボディを実現。ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズを搭載し、広角24mmのワイドな画角から望遠720mmの幅広い撮影領域をカバー。高倍率ズーム時に起こりやすい手ブレを高精度に検出して補正します。また、全画素超解像ズーム対応で最大60倍までズームが可能です。

DSC-HX90V | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

きっと、オレには十分すぎる撮影体験を提供してくれそうな気がしてて。

DSC02879 DSC02886

自撮りにも便利な180度のチルト液晶も搭載してるし。

DSC-RX100M3」的なポップアップ式のビューファインダーが内蔵されてたり。

DSC02875

ビューファインダーの開閉は電源と連動してますので、閉じると電源も落ちますよ。

ちなみにフラッシュもポップアップ式。

DSC02882

グリップもついてて持った時の安定感もいい感じだし。

DSC02883 DSC02885

操作パネルはこんな感じ。

DSC02877 DSC02878

そういえばレンズの付け根の部分をクルクルすると、

DSC02881

なんか設定できるっぽいです。

光学ズーム時の倍率を14段階(24 / 28 / 35 / 50 / 70 / 85 / 100 / 135 / 200 / 300 / 400 / 500 / 600 / 720mm相当)に固定できるステップズームを搭載。コントロールリングを回すだけで、意図する焦点距離に快適にズームできます。

DSC-HX90V 特長 : 本格撮影機能を搭載 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

DSC02880

なんかもう、個人的には長年待ち続けていた理想のCyber-shotが遂に登場した感が尋常じゃなくて。

最近ちょくちょく取材に行くことが多くなりまして、今日もこれからとある映画の舞台挨拶的な取材だったりするんですけどね。

それ用に新しいコンデジ欲しいなと思ってたタイミングだったし。

ていうか、取材用だったらちゃんとした一眼レフを買ったほうがいいような気もするんですけど、一眼レフってそもそもお値段があれだし、かさばるし重いし、レンズ選びとか面倒くさいしみたいな感じで出来れば手を出したくないんですよね。

実際に取材記事で使う写真ならこれまでも↓こんな感じでコンデジでもそこそこの写真を撮れてる気がするし。

ただ、ゴツい一眼レフを構えてる取材陣の中で一人だけコンデジだと超恥ずかしいですけどねw

コンデジの分際で『目線ください』とか言えないですけどねww

だからこそ必要なのが30倍スームだったりして、目線が欲しい時は『目線ください』って言ってるゴツい一眼レフの人の後ろに回りこんでコソッと目線写真を撮影したりしてるんですけどね。

まぁ、そんな話はどうでもいいんでしょうけどね。

 
ただ、新しいCyber-shot「DSC-HX90V」が欲しいなと思って、実際にイジりに行ったら本気で欲しくなっただけです。

ソニーストア

ちなみに、同じタイミングで発表された「DSC-WX500」については↓こちらをどうぞ♪

**近日公開? follow us in feedly
「三鷹駅南口に新しくオープンした立ち飲み屋が居心地良かった」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。