「Xperia Z1 タッチ&トライ」ブロガーミーティング Vol.4 レンズスタイルカメラ「QX100/QX10」でカメラの未来を感じた編

DSC03005

先日行ってきたソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社主催の「Xperia Z1 タッチ&トライ」ブロガーミーティングなんですけどね、オレ的に最大のお目当ては「Xperia Z1」じゃなくて、SONYが放り込んできた新しいコンセプトのカメラ、すなわちレンズスタイルカメラ「QX100/QX10」だったんですよ。




レンズスタイルカメラ「DSC-QX10」

まずは安い方のレンズスタイルカメラから。

DSC02967

DSC-QX10の基本的なスペックは以下のような感じ。

  • センサー:1/2.3型 “Exmor R” CMOSセンサー
  • 有効画素数:約1820万画素
  • レンズ:ソニーGレンズ
  • 光学ズーム:10倍
  • 動画撮影モード:MP4 12M(1,440×1,080/30fps)
  • バッテリー:約220枚 / 約110分(静止画)約25分(動画)
  • サイズ:62.4 x 61.8 x 33.3mm
DSC02968

シャッターボタンやズームボタンはレンズカメラ本体にあります。

DSC02965

電源を入れるとレンズがウニョっと。

DSC02969

背面にはスマホに装着する際のクリップ的なものがあります。取り外し可能です。

DSC02966

NFCに対応してますので、

DSC02970

NFC搭載スマホが相手なら、軽くタッチするだけで接続が完了。

DSC02971

レンズカメラ背面のクリップを開いて装着するとこんな感じ。

DSC02972

スマホのディスプレイが操作パネルに。基本的にカメラのほぼ全ての操作が可能。

DSC02973

レンズカメラとスマホはWi-Fiで接続されてるので、もちろん離しても利用できます。

係員に聞いたところ、環境にもよるけど5〜10mくらい離れてても大丈夫だとか。

DSC02981

そして、iPhoneとも接続可能♪

DSC02980 2

接続はWi-Fiで。IDとパスワードはバッテリーの蓋の裏に書いてあります。

DSC02984

装着するとこんな感じ。なかなかイイ感じ♪

DSC02985

むしろXperia Z1よりiPhone5に装着したほうがサイズ的にもしっくり気がする。

DSC02986

目一杯ズームするとこんな感じ。

DSC02987

操作はAndroidと同様に「PlayMemories Mobile」で行います。

PlayMemories Mobile

無料
(2013.10.07時点)
posted with ポチレバ
DSC02988

撮影した写真はレンズカメラ本体の他に接続してるスマホのストレージにも保存されます。

保存サイズはオリジナルサイズなり縮小サイズなりを選べます。

DSC02989

もちろん動画も撮影可能。

レンズスタイルカメラ「DSC-QX100」

続いて、高い方のレンズカメラ。

DSC02996

主なスペックは以下のような感じ。

  • センサー:1.0型(13.2 x 8.8mm) “ExmorR” CMOSセンサー
  • 有効画素数:約2020万画素
  • レンズ:カールツァイス「バリオ・ゾナーT」レンズ
  • 光学ズーム:3.6倍
  • 動画撮影:MP4 12M(1,440×1,080/30fps)
  • バッテリー:約220枚 / 約110分(静止画)約25分(動画)
  • サイズ:62.5 x 62.5 x 55.5mm
DSC02994

基本的な構造は「DSC-QX10」とおんなじ。

DSC02995

三脚用の穴もあります。

DSC02997

充電はmicroUSB、メモリはmicroSDとメモリースティックマイクロに対応。

DSC03007

「DSC-QX10」に比べるとちょっとデカイです。気軽に持ち歩けるサイズかというと微妙。。。

DSC02998 DSC03001 DSC03003

で、このレンズスタイルカメラなんですけどね、スマホとの接続はWi-FiですからNFCを使ったとしてもカメラの起動に数秒はかかるし、NFCが無かったら余裕で30秒くらいはかかります。。。

なので、撮りたい瞬間の写真はほぼ確実に取り逃します。。。

レンズカメラ単体でも撮影は出来るんですが、その場合の画角は勘に頼るしか無いので、どんな仕上がりになるかは撮ったあとのお楽しみ。

まぁ、実用的かと問われると答えは「実用的ではない」です。

そもそも、NFCがなかったらかなりメンドクサイという印象。。。

DSC02990

だけどね、それだけじゃないんですよ。

新しい楽しみ方というか、使い方次第では面白い撮影スタイルの可能性が無限に感じられるわけで。

これで子どもを撮影したら面白そうな予感大♪

自分撮りだって余裕なわけで。

DSC02999

なんか、久々にSONYのアグレッシブ感が漂う魅力的なガジェットなんですよね。

買ったとしても、たぶんテンションが上がるのは最初の数ヶ月で、1年後には結局メンドクサイとかいって存在をなかったコトにしそうな予感が満載なんですが、それでもなんかカメラの未来を、このレンズスタイルカメラに感じるんですよね。

だから、現時点では買う気マンマンだったりしてます。

あっ、もちろん安い方の「DSC-QX10
」ですけどね。

DSC-QX100
」は画質は良いのかもしんないけど、デカイし何より値段が約55,000円ですからね。。。

それだけ払うなら、もうちょっと頑張って同等スペックの「RX100M2
」を買うわ!!

ソニーストア

よろしければ↓これまでのレポートもどうぞ。

「Xperia Z1 タッチ&トライ」ブロガーミーティング Vol.1 プレゼン編 | OREGADGET
「Xperia Z1 タッチ&トライ」ブロガーミーティング Vol.2 実機をいじってみた編 | OREGADGET
「Xperia Z1 タッチ&トライ」ブロガーミーティング Vol.3 アクセサリ編 | OREGADGET

今回のイベントに参加した他のブロガーさんの記事は↓コチラ。

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。