インドでは「Xperia M」や「Xperia C」みたいなミドルクラスがよく売れてるそうです。

xperia-m-ss-design-that-stands-out-1250x1000-3b84e7cf3ed8c6ccfbad19520ce1d51a-620x496

ソニーモバイルのスマホ市場でのシェアがAppleを抜いてシェア2位になったそうですよ!!

インドでの話ですけどね。





唯一グローバルで戦えるメーカーとしてSONYが存在感を発揮し始めたっぽいです。

IT専門の調査会社であるIDC Indiaがそんなことを発表したみたいです。

2013年10月~12月のインドスマートフォン市場は、Samsungが43%でトップ、次いでSony Mobileが9.1%、Appleは7.0%で第3位だそうです。

っていうか、Samsung圧倒的すぎんじゃんw

で、よく売れてるのはミドルクラスのスマートフォンということで、ソニーモバイルの機種だと「Xperia M」や「Xperia C」が人気らしいです。

「Xperia M dual」や「Xperia C」といえば、スペック的にはそこそこながらも低価格が魅力的なスマートフォン。

ちなみに日本国内からもEXPANSYSを通じて購入できるんですけど、送料もろもろを含めても2万円台で購入できるということで、SIMフリー端末が欲しいそれ系の人たちには人気の機種だったりします。

Xperia M | EXPANSYS

Xperia C | EXPANSYS

ちなみにソニーモバイルの2013年の日本国内シェアは12.6%だったそうで、Apple・シャープに次いで3位でした。

2013年国内携帯電話端末出荷概況 – 株式会社 MM総研

[via:juggly.cn

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。