SONY『Xperia SP』レビュー:開封編

DSC02142

SIMフリースマートフォンなどの販売を手がけるEXPANSYS Japanさんのご好意により、SONY製の海外向けモデル『Xperia SP』をお借りしたので、数回に分けてレビュー的なものをお送りします。

とりあえず、初回は開封編です!!





国内販売されているキャリアモデルとは異なり、いかにもSONY的な箱。

DSC02117

箱の裏は↓こんな感じ。

DSC02118

で、箱は裏から開きます。

DSC02119

なんか、スマートな感じはしないけど、それはそれとして。

DSC02121

同梱物は↓こんな感じ。

DSC02122

本体・イヤホン・USBケーブル・電源アダプタ・各種説明書的なもの(英語だったり中国語だったり)。

ちなみに電源アダプタは海外仕様のため、日本国内で利用する場合は別途用意する必要があります。

DSC02123

ディスプレイは4.6インチ(1280 x 720)のTFT液晶。

DSC02124

マットな質感の背面は↓こんな感じ。

DSC02125

800万画素のExmor RSカメラを搭載。

DSC02131

なぜか、NFCのロゴはシール。
剥がしたい衝動に駆られるも、借り物なのでガマンガマン。

DSC02127

右側面には今季のXperiaの象徴である丸い電源ボタン。

DSC02128

その上には音量ボタン、下にはカメラボタンがあります。

そして左側面は上部にUSBポートがあるのみ。

DSC02129

『Xperia SP』は防水非対応なので、USBポートは当然キャップレス。

イヤホンジャックは上にあります。

DSC02130

裏蓋は溝からカンタンに剥がせます。

DSC02133

ただ、バッテリーは内蔵式なので取り外し不可です。

DSC02134

裏蓋を剥がすとSIMカード・SDカードスロットがあります。

DSC02136

とりあえず、手持ちのスマホと並べてみました。

DSC02137

左から、iPhone5・Xperia AX(SO-01E)・Xperia SP・Xperia Z(SO-02E)

Xperia AX(SO-01E)とほぼ同じサイズ感で、

DSC02138

Xperia Z(SO-02E)より一回り小さい感じです。

DSC02139

厚さは『Xperia SP』のほうが厚いですが、背面がラウンドしているので手に持った時のフィット感は「Xperia Z」より良いです。

イメージ的にはauから発売されている「Xperia UL(SOL22)」をそのまま一回り小さくした印象ですかね。

基本的なデザインは「Xperia Z」を踏襲してるんだけど、『Xperia SP』の最大の特徴としては本体下に”フローティングプリズム”が採用されてます。

昨年docomoから発売された「Xperia NX」とかにも搭載されていた透明なアレです。

DSC02132

充電時(充電中は赤、充電完了は緑)や着信時など通知内容に応じて点灯もしくは点滅します。

『Xperia SP』は「Xperia Z」ほどのハイエンドモデルでは無く価格も控えめなんですが、だからといって安っぽい印象はありません。

現在(2013/07/13 02時)¥35,221で販売されてるんですが、この値段でLTE対応のSIMフリーなXperiaが手に入るんだったらアリかなと思います。

っていうか、ちょっと普通に欲しがってるオレがいる。。。

SONY『Xperia SP』レビュー:基本スペック編 | OREGADGET
SONY『Xperia SP』レビュー:カメラ編 | OREGADGET
13-07-05-jp-c-sony-xperia-sp
関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。