SIMフリー端末の販売でお馴染みのEXPANSYSさんより、SONYのでっかいXperiaをお借りましましたので、レビュー的なものをお送りしようなかと思ったり思わなかったり。

とりあえず箱から出してみます。

グローバル仕様なパッケージ。

箱を開けば、そこには「Xperia Z Ultra」が鎮座してました。

同梱物はこんな感じ。

海外向けモデルのため、もちろん電源アダプタは謎のカタチをしてます。

で、本体。

国内でも好評発売中の「Xperia Z1」をホントにそのまま大きくしたような感じ。

6.44インチのフルHDディスプレイなんですけど、かなりインパクトがあります。

左ヨコにあるマグネット式の充電コネクタは「Xperia Z1」とおんなじ。

右ヨコには、Xperiaのアイコン的な電源ボタンやボリュームキー、そしてカバーで覆われた各種スロットがあります。

防水対応なんですけど、イヤホンジャックはキャップレスを実現してます。

右下にはストラップホールもあります。

背面はこんな感じ。

もちろん、ガラスで高級感的にも文句のつけようがありません。

カメラは約800万画素。

ただ、フラッシュ的なものは搭載されてないです。

スロット部分のカバーを開けるとSDカードとSIMカードを挿し込むことができます。

SIMスロットはトレー式で、サイズはmicroSIMです。

とりあえず、moperaを契約しているdocomoのSIMを挿し込んでみました。

APNには「mopera.net」と登録します。

問題なくLTE(Xi)を掴みました♪

ちなみにAndroidのバージョンは4.2.2でした。

「Xperia Z(SO-02E)」と並べると、なんかだか親子みたいな感じです。

なぜか「Xperia Z Ultra」のほうが薄かったりします。

重ねるとこんな感じ。

ついでに、iPhone5cや、

iPad miniとも並べてみました。

で、やっぱり重ねてみたりして。

sony-xperia-z-ultra_486x250

というわけで、今までに経験したことのないサイズ感で、ちょっと戸惑ってたりしてるんですけど、しばらく使ってみて、またレビュー的なものをアップしようと思います。

ではでは。

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。