「安堂ロイド」の第一話を見た感想

柴咲コウ フォトブック 「0805」 (Angel works)

木村拓哉・柴咲コウ主演の『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』の第一話がOAされたのでチェックしてみました。





第一話のあらすじ

東京帝國大学次元物理学部の教授で宇宙理論学の教鞭をとる沫嶋黎士(木村拓哉)は、髪はボサボサであまり外見にこだわらず、人と接することが苦手。学生たちの間では“いちいち残念”と言われているが、学者としてはその世界で広く認められる頭脳を持つ天才でワームホール理論の最先端の研究者だ。
そんな黎士はある日、自身の導き出した理論から自分自身が100%の確率で数時間後に殺され、更にその数十時間後には自分の婚約者で大手IT会社に勤める安堂麻陽(柴咲コウ)も殺されると悟る。

via: あらすじ|TBSテレビ:日曜劇場『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』

もう、何がなんだかわけ分かんないよ。。。

さすが「ケイゾク」や「SPEC」を手掛けたスタッフが多く絡んでる作品ということで、謎というか伏線が多く次が気になります。

庵野秀明氏が絡んでいるというCG的な部分もまぁまぁ見応えあるし。

っていうか、TVドラマにしてはお金かかってそうだなという感じ。

ちゃんと伏線を回収してくれんのかが気がかりだけど。。。

いくつか気になる部分はあるものの、オレ的には『公安』と『遠藤憲一』がツボなので、それだけでも「安堂ロイド」は見る価値あるかな。

日曜劇場『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』|TBSテレビ
関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。