本日6/22、東京・六本木にあるニコファーレでプラスワン・マーケティング株式会社が展開する格安スマホやMVNO事業(FREETEL・フリモバ)に関する発表会が行われましたので、そのレポートのような感じです。

なぜか、プレス扱いでご招待いただきましたのでね♪

今回の発表会は、ただの新商品発表会というよりも、新しく生まれ変わるFREETELをお披露目するような、なんかよくわかんないですけど、なんかそんな感じの新しい何かを感じずにはいられいられない気がしないでも無くない発表会でした。

SIMフリー端末・通信(SIM)・店舗チャネルを一体としてご提供する新たな通信キャリア「SIMフリーキャリア」として、今後の料金プラン・販売チャネル・ハードウェア展開を発表致しました。これまで一部の方の利用にとどまっていたMVNOを、「お馴染みのお店で買い易く」「縛られず」「299円から最適プランで利用でき」「快適な速度で利用できる」「端末とSIM両方が一緒にサポートされるので安心して使える」通信サービスとしてご提供いたします。また日本メーカーとしての世界展開を目前に、新ブランド「FREETEL」と、スマートフォンシリーズ「SAMURAI」についても発表しております。今後のFREETELの動向に是非ご注目ください。

via: 「〜FREETEL World 2015〜 新ブランド・新製品発表会」のご報告 | freetel

まぁ、それはそれとして。

社長登場、そして新ロゴ発表!!

DSC04176

とりあえず、プラスワン・マーケティング株式会社の増田薫社長が登場。

DSC04173

なんだか、freetelは“SIMフリーキャリア”になるそうです。

DSC04179 DSC04181

新料金プラン × ショップ展開 × 新端末の提供をワンストップ提供を行うSIMフリーキャリアだそうです。

DSC04182

それにともなって、ブランドロゴも従来よりもカッチリした印象にリニューアル。

まぁ、ロゴのリニューアルって例に漏れず違和感を感じることが往々にしてありますけどね、きっと時間の経過ともに馴染んでくるんじゃないかなという気がしないでもなくも無いと思いますよ。

まぁ。それはそれとして。

FREETEL_logo

「SIMフリーキャリア」として、また日本品質を世界に届けることを狙いとした新ブランドに変更
(日本国旗をモチーフに、FREETELのFと富士山をイメージとして)

via: 「〜FREETEL World 2015〜 新ブランド・新製品発表会」のご報告 | freetel

日の丸にインスパイアされた風で、日本のブランドであることを強調した、とっても“和”な感じだったりします。

“Made by JAPAN”って書いてあるし。

DSC04284

これからは日本のSIMフリースマホのブランドととして世界展開もするそうですよ。

DSC04285

新製FREETELの新端末たちは、日本品質・世界標準価格を武器に世界31カ国(ASEANを中心としたアジア、北中米、欧州、中近東)で今年中に販売されることが決定してるっぽいですよ。

ユーザーに配慮した新料金プラン!!

DSC04186

なんと、データ通信専用プランなら月額たったの299円(税別)から利用できちゃうそうです!!

DSC04189

音声付きプランだと月額999円(税別)から。

DSC04190

最低料金だと利用できるデータ通信量は100MBだけですけどね、100MB以上の利用については使った分だけの課金が行われる仕組みだそうです。

DSC04194

従来のMVNOの料金プランみたいにあらかじめ3GBとか5GBとか10GBの契約をするんじゃなくて、実際に利用した分のデータ通信量に応じて最適プランで請求されるユーザーに配慮した感じです。

ちなみに、利用者自身でも利用データ量を見て低速に切り替えられるストッパー機能も用意されてますので、思いがけない使い過ぎを事前に防止することもできたりして。

で、↓これが料金プランなんですけどね。

l2_Table

現状、最安値のDMM mobileよりは若干高いですけど、それでもデータ専用プランなら10GB使っても月額2450円(税別)ですからね。

しかも、事前に10GBで契約する必要はなくてあくまでも使った量に応じて最適な料金プランで請求されるシステムですから、毎月の利用量に変動がある人とかにとっては何気に魅力的な料金プランなんじゃん!? という気がしないでも無くないです。

DSC04197

ちなみに、契約期間の縛りとかは一切ないそうです♪

Windows 10対応「KATANA」シリーズ

DSC04229

そして、FREETELの新しい端末たちなんですけどね。

今年3月に、その存在が明らかにされていたWindows Phone 8.1搭載の「NINJA」の製品仕様が遂に明らかに。

DSC04232

思ってた以上にWindows 10の登場が早かったということで「最初からWindows 10搭載でフルチューンした端末を提供したほうがいいんじゃないんか」という方針の元に、Windows Phone 8.1をすっ飛ばして発売時点でWindows 10を搭載しての登場になるようです。

まぁ、発売時期は現時点では未定ですけど、マイクロソフトのGOサインに合わせて「KATANA」というサムライ感満載の日本的な製品名で世界最速での提供目指してるそうです。

ちなみに、ハイエンドとローエンドの2機種を用意!!

DSC04248

お値段も魅力的です♪

KATANA 01

pic_katana01

まずはローエンドの「KATANA 01」

お値段は¥19,800(予定価格・税別)

主なスペックは↓こんな感じ。

DSC04234

詳細は不明ですけどCPUはクアッドコア。

DSC04235

ディスプレイは4.5インチのFWVGA(854×480)なので、それなりのクオリティ。

DSC04236

NTTドコモのバンド19と、ソフトバンクのバンド8に対応。

ちなみに、細かい対応バンドとか周波数は以下の通り。

  • [GSM] 850/900/1800/1900
  • [UMTS] 1/6/19
  • [FDD LTE] Band 1/3/8/19
DSC04237

バッテリーもそれなりのやつ(1,700mAh)を搭載。

DSC04238

カラバリはシルバー(グレイ)・ブラック・イエロー・ブルー・パープルの5色展開。

KATANA 02

pic_katana02

そしてハイエンドの「KATANA 02」

DSC04247

お値段は¥29,800(予定価格・税別)

DSC04242

詳細は不明ですけどCPUはクアッドコア。

DSC04243

5インチのHD(1280×720)ディスプレイ搭載。

DSC04245

バッテリーはそこそこ大容量な感じの2,600mAhなので安心感があるんじゃないですかね。

DSC04244

対応周波数は「KATANA 01」と同様、NTTドコモのバンド19と、ソフトバンクのバンド8に対応。

Androidスマホ「SAMURAI」シリーズ

新しいAndroid端末についてもハイエンドとローエンドの2機種を用意。

DSC04278

ブランド名は「SAMURAI」だそうです。

SAMURAI MIYABI

pic_samuraimiyabi

これはローエンドの「SAMURAI MIYABI(雅)」

お値段は¥19,800(予定価格・税別)

主なスペックは↓こんな感じ。

  • Android 5.0
  • 5.0インチHD IPSディスプレイ
  • クアッドコアCPU
  • メモリ 2GB
  • ストレージ 32GB
  • フロントカメラ 500万画素
  • 背面カメラ 1,300万画素
  • Bluetooth 430
  • IEEE802.11b/g/n
  • バッテリ 2,200mAh
  • カラバリ ホワイト/ブラック/シャンパンゴールド
  • [GSM] 850/900/1800/1900
  • [UMTS] 1/6/19
  • [FDD LTE] Band 1/3/8/19
  • NTTドコモ(バンド19)・ソフトバンク(バンド8) 両プラチナバンド対応
DSC04260 DSC04263 DSC04264 DSC04266 DSC04267 DSC04268

詳細なCPUとかカメラ性能は謎ですけどね、2万円前後の格安スマホとしては、けっこう魅力的なスペックなんじゃん!? って気がしないでも無いです。

今夏発売予定だそうです。

SAMURAI KIWAMI

pic_samuraikiwami

これはハイエンドの「SAMURAI KIWAMI(極)」

お値段は¥39,800(予定価格・税別)

DSC04271 DSC04272

FREETEL史上最高のフラッグシップモデルだそうです。

ただ、発売時期は今秋を予定してるそうで細かいスペックは謎です。

DSC04274 DSC04275 DSC04277

何かのヒントっぽい数字だけが映し出されてたりはしてましたけどね。

とりあえず現時点で判明してるスペックは↓こんな感じです。

  • Android 5.0
  • 6インチディスプレイ
  • オクタコアCPU

まぁ、続報を楽しみに待ちたいと思います。

SIMフリーフィーチャーフォン「Feature Phone Style」

DSC04256

FREETELはSIMフリーのフューチャーフォン(ガラケー)や、Android搭載のガラケーも展開するそうですよ。

Simple

pic_simple

通話やメールに特化した超小型端末「Simple」

今年の夏に¥5,980(予定価格・税別)で発売されるっぽいです。

なんか、かつてのソニエリのpreminiみたいな感じで懐かしさを感じたり感じなかったりしました。

Galaho(仮称)

pic_galaho

詳細な仕様や販売価格も謎ですけど、今秋発売予定だそうです。

「Galaho(ガラホ)」という名称が表す通り、Android搭載のガラケーだそうで、ちゃんとGoogle Playにも対応するとかしないとか。

ショップ展開

DSC04201

これまでのオンラインショップに加えてリアル店舗の展開にも力を入れていくそうです。

freetel_store

2015年7月15日にヨドバシカメラ マルチメディアAkiba・マルチメディア横浜・マルチメディア梅田の3店舗がオープンするのを皮切りに、今年9月までにヨドバシカメラ 全23店で展開するそうです。

DSC04218

そんなわけで、今回の発表会にはヨドバシカメラの日野常務も登壇してたんですけどね。

話そのもの以上に日野常務のキャラがステキ過ぎでした。

DSC04217

なんか、昔ながらのオトコという感じで。

DSC04216

なんか、往年の小林旭を髣髴とさせるような。

DSC04215

なんか、話し方もマイクの持ち方も立ち振舞もそんな感じでした。

DSC04214

あくまで個人的な感想ですけどね。

 
まぁ、それはそれとして。

DSC04223

8月下旬には、日本最大の携帯電話代理店である株式会社ティーガイアの「スマートラボなんば戎橋店」でも展開するそうですよ。

というわけで

DSC04315

正直、これまでのFREETELって展開してる端末的にも、それほど気になる存在では無かったんですけどね。

だけど今回の発表会の内容は、これまでのイメージを良い意味でぶち壊すくらいのインパクトが有ったような気がしないでも無くも無いです。

ていうか、新しいSIMフリースマホメーカーとしての魅力を感じてるオレがいます。



新たに用意されてるMVNOの料金プランもスゴい魅力的だし。

まぁ、そんなこんなで新しく生まれ変わった気がするFREETELの今後に期待しようかなと。

ちなみに、本日の発表会の模様はニコニコ動画で見れるっぽいので気になる人はチェックしてみてくださいませ。

あと、展示されてた実機をベタベタいじってきましたので、よろしければ↓このへんも合わせてご覧くださいませ♪

**近日公開? follow us in feedly
「FREETELのSAMURAIシリーズをベタベタさわってきた」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。