スティーブ・バルマーCEO、Windows Phone 8 日本投入について「国内で披露するための努力を続けている」

002

5月23日に、米Microsoftのスティーブ・バルマーCEOが講演のために来日し、その際に「Windows Phone 8」の日本投入について言及があったようです。



スティーブ・バルマーCEOは、公演後の会見において、

国内で披露するための努力を続けている。市場投入する際には、スマートフォンの刷新を図っていきたい。

via: 「日本にWindows Azure向けデータセンターを開設する」–MSバルマーCEO – ZDNet Japan

Windows 8(とWindows Phone 8)の特徴は、複数のデバイスをまたいで同じサービスを受けられること。Windows Phone 8の日本投入時には、1人1人のアイデンティティに基づきパーソナライズされた最高の体験を提供する

via: Windows Phone 8日本投入時には「最高の体験を提供する」――バルマーCEO – ITmedia ニュース

などと、述べたようです。

日本国内に投入された”Windows Phone”搭載端末は、KDDIが2011年8月に発売した「IS12T」が最初で最後となっており、”Windows Phone 8″搭載端末については、投入が見送られている状況が続いています。

日本メーカーは「力不足」 WindowsPhone8の「国内投入先送り」はMicrosoftが決断した模様 – すまほん!!

ちなみに、世界規模のモバイルOSのシェアでは、これまで3位だった「BlackBerry」を追い抜き、「Windows Phone」が3位に浮上したようです。

第3のOSはWindows Phoneで決まり? – 週アスPULS

早期の国内投入に期待するのは当然ながら、「スマートフォンの刷新」を図るのであれば、ついでにFelicaも載っけてくれないかな〜、そしたら”Windows Phone”も選択肢の一つに入るんだけどな〜、と思う今日この頃でした。

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。