11/8(日)まで東京ビッグサイトで開催中の「東京モーターショー2015」なんですけどね。

なんか節操無いようであれなんですけど、ヤマハ発動機株式会社からもご招待していただきまして、YAMAHAの未来感まる出しの何かを間近で魅せつけられてきました。

SPORTS RIDE CONCEPT

DSC02513

YAMAHAと言えばバイク的な2輪車のイメージが強いんですけどね、なんだかスポーティさが過ぎるコンセプトカーが展示されてました。

モーターサイクルのようなエキサイティングな走りをクルマで。ヤマハはマルチホイールビークルの進化形として、これまでとは発想の異なる小型4輪車の開発を進めています。F1マシンの思想が反映されたiStream*コンセプトによる軽量・高剛性・高強度なスケルトンフレームが大きなポイント。シティコミューターからスポーツ、SUVなど、1つのプラットフォームから多彩なバリエーション展開が可能で、幅広い用途や楽しさを広げます。2013年の東京モーターショーでの発表以来、市販化に向けて着々と開発が進められています。

via: SPORTS RIDE CONCEPT|東京モーターショー2015 – イベント | ヤマハ発動機株式会社

もうね、普通に超カッコよくてあれでした。

MWT-9

DSC02479

なぜかフロントタイヤが2輪のタイプなんですけどね、↓こんなコンセプトだそうですよ。

誰も見たことのない姿カタチは、誰も体験したことのない走りの証です。フロント2輪のMWT-9は、スポーツ走行におけるコーナリングを再定義する「Cornering Master」。次々と変化する路面、タイトコーナーが続くワインディングロードを、自在に駆け巡る高いスポーツ性を追求しています。フロント2輪による路面への追従性が、コーナリングでのフロントタイヤ接地感、ブレーキングからタイトターンインでの圧倒的なコーナリングを実現し、これまでにない走り易さを体感できます。その走りを視覚化したデザインコンセプトは「轟」。ダイナミックでシームレスなボディ造形、大胆な骨格と精緻なメカニズムが融合するスタイリングが、未知なる走りの予感を世界中に響かせます。そして、リーニング・マルチ・ホイールが秘めた可能性をも。MWT-9がスポーツモビリティに新たなカテゴリーを創造します。

via: MWT-9|東京モーターショー2015 – イベント | ヤマハ発動機株式会社

Resonator 125

DSC02538

これはなんかもうカッコよすぎてイチバンあれでした。

このバイクを見たせいで、思わずバイクの免許を取りに行きたくなるほどの衝撃を受けたオレがいた気がしないでもなくもなくなくなくないです。

基本的なカタチはレトロクラシックな感じなんだけど、楽器のYAMAHAのエッセンスがここぞとばかりに注ぎ込まれてスタイリッシュさが尋常じゃなかったですよ。

まぁ、あくまでも個人的な感想ですけどね。

時が経つほどに愛着が湧いてくる。走っても眺めても心に響いてくる。Resonator125は、故新融合をコンセプトにしたロードスポーツモデルです。ヤマハ伝統の軽量・スリム・コンパクトなスポーツ性を追求した車体と新しいメーター周りのデバイス、さらに音楽のヤマハを原点に持つ当社ならではの楽器製造のクラフトマンシップが融合。これからモーターサイクルの楽しさに出会う人々、そして、幾台ものマシンを乗り継いできたベテランライダー双方に楽しんでもらえる一台としています。

via: Resonator 125|東京モーターショー2015 – イベント | ヤマハ発動機株式会社

MOTOBOT ver.1

DSC02518

なんだかとっても斜め上をいってる感があったのがコレ。

自動車業界で話題の自動運転ではなくて、バイクを運転するロボットだそうです。

MOTOBOTは、モーターサイクル本体には手を加えず、人側から見た車両操作にフォーカスしたヒト型自律ライディングロボットです。研究テーマは「Beyond Human Capabilities」。一般的にロボットは用途を特化させることで、人を超越する性能を発揮します。その優位性を生かし、サーキットにおけるラップタイムでバレンティーノ・ロッシに挑みます。この挑戦から得られる知見や高度な要素技術を、製品展開や新たな価値創造に応用していきます。

via: MOTOBOT ver.1|東京モーターショー2015 – イベント | ヤマハ発動機株式会社

そして最も印象的だったのが、YAMAHAブースの人から直接聞いた↓のような言葉なんですけどね。

バイクを運転できるロボットが開発できれば、いずれ自動車を運転できるロボットも開発できるはず。
そのロボットを活用すれば現行の自動運転に対応していない自動車も実質的に自動運転に対応することになる。

このロボットから獲られるデータを新製品開発に活かすだけではなくて、多くの自動車メーカーとは違った方法で自動運転の未来を実現しようとしてる感じなんですよね。

これはこれでスゴく面白い挑戦だなと。

ほかにもいろいろと

DSC02534

今回の東京モーターショー2015のYAMAHAブースでは今回紹介したほかにも多数のワクワクする新しい何かが展示されてますので、とりあえずそれっぽい画像を置いておきますね。

というわけで、そんな東京モーターショーは2015/11/8まで開催中なので、気になる方はぜひ会場まで足を運んでみてくださいませ♪

東京モーターショー2015 YAMAHA

TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE

 
**近日公開? follow us in feedly
「そして再びコンパニオンさんたち♪」

関連してるかもしれない記事とか。
 
 
最近の人気っぽい記事とか。